サキの長編小説 「耐えがたきバシントン」 13章 154回

フランチェスカは話をしてくれた大佐に礼をいうと、劇場のプログラムの余白に4という数字を満足そうに記した。それと前後して、ジョージ・サン・ミッシェルのまくしたてる声が聞こえてきたが、その声は情報収集にわくわくしながら、セレナ・ゴーラクリィでも、耳をかたむけている者なら誰でも啓発しようとしていた。フランチェスカはすぐに耳をそばだてた。

 

「エメリン・チェトロフの婚約者はインド外務省につとめている。そうして稼ぐより仕方ない男らしい。だから二人は五年のあいだ結婚できない。馬鹿馬鹿しいほど長い婚約期間だと思わないか? 家長制時代の妻なら、他にやることはあるし、自分の三百年祭を祝うほど長生きするだろうから、七年間待つのもいいだろう。でも今のこの世において、それは馬鹿げた取り決めに思えるというものだ」

 

サン・ミッシェルはほとんど立腹しながら話していた。結婚をくわだてるということは、花嫁につきそう娘の話に新婚旅行の話題、言うことをきかない伯母の話とか、結婚式にまつわる些細な噂話をまとめあげるということであった。だから結婚するまで何年になるのかということが不確かなようでは、彼の目には不適切なことのようにうつるのだった。大統領選か総督の交代のようにはるか彼方の出来事に感じられるようでは、結婚の予定について早めに、特別に知っていたとしても、満足もなければ、重要性も感じられなかった。だがフランチェスカにすれば、エメリン・チェトロフの名前がでてきた途端にびくりと不安にかられたくらいだから、その知らせに怒涛のような安心と感謝をいだいた。女子修道院にはいるという訳でもなければ、独身の誓いをたてた訳でもなかったが、エメリーンのふるまいは願ったりかなったりで、はるか彼方にある未来へむかって結婚を追いやらなくてはいけない恋人へと、その身を結びつけたようなものだった。五年のあいだ、フランチェスカはブルーストリートにある家の所有が妨げられないですむことになった。その後にしても、何が起きるかは誰がわかるだろうか。婚約はいつまでも続くかもしれないし、長すぎる婚約にはよくあることだが、月日が積み重なるうちに無駄な結果になるかもしれない。エメリーンも留守にしている恋人への思いを失い、他の男性と置き換えることもしないかもしれない。

 

Francesca thanked him for his story, and complacently inscribed the figure 4 on the margin of her theatre programme.  Almost at the same moment she heard George St. Michael’s voice pattering out a breathless piece of intelligence for the edification of Serena Golackly and anyone else who might care to listen.  Francesca galvanised into sudden attention.

“Emmeline Chetrof to a fellow in the Indian Forest Department.  He’s got nothing but his pay and they can’t be married for four or five years; an absurdly long engagement, don’t you think so?  All very well to wait seven years for a wife in patriarchal times, when you probably had others to go on with, and you lived long enough to celebrate your own tercentenary, but under modern conditions it seems a foolish arrangement.”

St. Michael spoke almost with a sense of grievance.  A marriage project that tied up all the small pleasant nuptial gossip-items about bridesmaids and honeymoon and recalcitrant aunts and so forth, for an indefinite number of years seemed scarcely decent in his eyes, and there was little satisfaction or importance to be derived from early and special knowledge of an event which loomed as far distant as a Presidential Election or a change of Viceroy.  But to Francesca, who had listened with startled apprehension at the mention of Emmeline Chetrof’s name, the news came in a flood of relief and thankfulness.  Short of entering a nunnery and taking celibate vows, Emmeline could hardly have behaved more conveniently than in tying herself up to a lover whose circumstances made it necessary to relegate marriage to the distant future.  For four or five years Francesca was assured of undisturbed possession of the house in Blue Street, and after that period who knew what might happen?  The engagement might stretch on indefinitely, it might even come to nothing under the weight of its accumulated years, as sometimes happened with these protracted affairs.  Emmeline might lose her fancy for her absentee lover, and might never replace him with another.

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: サキ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.