アーサー・モリスン「ジェイゴウの子ども」27章 175回

ディッキーは痩せ細って、目のまわりの隈もいっそう濃くなり、体力も衰えていった。彼は、背丈はのびているのだが、そのせいで横幅が減っていく有様がすぐさま目についた。こそこそとした、脅えた表情が顔にはりついているようにみえ、全身から、浮浪者のような雰囲気が漂っていた。母親の長い顔は、これまでになく細長くなり、目の下の隈はディッキーのものより濃くなっていた。弱々しく開いた口は、端のほうがだらりと下がり、まるで泣きながら気を失いかけている女の口のようだった。小さなエムの膝や肘は、不自然なまでに長い手足のあいだの節にすぎなかった。食事がでてくることは、ほとんどなかった。そして食事がでてきても、食べることで、飢えが本当に解決されるのかと、ディッキーは疑念をいだくのだった。だが、彼が絶望している原因とは、小さなエムが子どもらしく泣きわめかないで、声をあげないで涙をこぼしながら、針に糸をとおそうとする姿や、マッチ箱に糊を塗ろうとしている姿のせいだった。幸運のおかげで、マッチ箱づくりの仕事が舞い込んだとき、糊のために、不合理にも二ペンスを支払った。その代物は悪臭のする混ぜもので、酸味がかった匂いがかすかに漂い、割れたティーカップに保存されていたが、妹が指をしゃぶっても、すぐ気がつくようにディッキーの近くに置かれた。実際、小さなエムは、糊のなかに指をこっそりいれたことがあるからだ。

 とぎれとぎれではあるが、様々な手をつかい、ペローの奥さんは金を工面して、家賃を滞りなく支払い続けた。ときにはコッパー銅貨一枚くらいが残ることもあった。彼女も、教会や祈祷会で、うまくやっていた。彼女の有様をみた人々が、時おり、施しものの域をこえた物をくれることもあった。そこで彼女は身につけたのだが、そうした場では、普段よりも自分をみじめに見せることにした。

 

Dicky grew slighter and lanker, dark about the eyes, and weaker. He was growing longitudinally, and that made his lateral wasting the quicker and the more apparent. A furtive frighted look hung ever in his face, a fugitive air about his whole person. His mother’s long face was longer than ever, and blacker under the eyes than Dicky’s own, and her weak open mouth hung at the corners as that of a woman faint with weeping. Little Em’s knees and elbows were knobs in the midst of limbs of unnatural length. Rarely could a meal be seen ahead; and when it came, it made Dicky doubtful whether or not hunger were really caused by eating. But his chief distress was to see that little Em cried not like a child, but silently, as she strove to thread needles or to smear matchbox labels. And when good fortune brought match-boxes, there was an undue loss on the twopence farthing in the matter of paste. The stuff was a foul mess, sour and faint, and it was kept in a broken tea-cup, near which Dicky had detected his sister sucking her fingers; for in truth little Em stole the paste.

On and off, by one way and another, Mrs Perrott made enough to keep the rent paid with indifferent regularity, and sometimes there was a copper or so left over. She did fairly well, too, at the churches and prayer-meetings; people saw her condition, and now and again would give her something beyond the common dole; so that she learned the trick of looking more miserable than usual at such places.

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: ジャェイゴウの子ども パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.