アーサー・モリスン「ジェイゴウの子ども」 31章 139回

 

あくる朝、ジョシュは遅く目を覚ました。遅くまで寝ていたため、いっそう調子よく見え、顔は以前よりも日に焼け、元気にあふれ、肉づきもよくなっていた。隅のほうに、彼が見たのは、マッチ箱でできた山で、そのかたわらには、マッチ箱をもっとつくるための材料があった。昨日の朝、エムがつくった物だった。「家内産業を支えているのか」ジョシュは呟くと、思いにふけった。「でも。十二ダースにつき二ペンスなんて」そしてマッチの山をけると、ばらばらにくずした。

 

 彼は通りへぶらぶら歩いていき、ジェイゴウの様子を観察した。おおよそのところ、ジエイゴウはほとんど変わっていなかったが、州議会は、北東の端のあたりを変え、今でも遅々とではあるが、変化していた。追い立てられたジェイゴウの人々は立ち去ったが、境のむこうの近隣に悪い影響をおよぼしていた。ジェイゴウの人々に、近隣の人々は少し近づいていった。ジェイゴウの人々が、新しい仮設の建物に住むために戻ることはなかった。それは奇妙な事態だった。州議会が要求してきた家賃は、オールド・ジェイゴウの地主に支払ってきた家賃の二倍以上の金額だったからだ。こうして別のジェイゴウが――そこでは、立ち退いてき場所のように、人々がひしめき、極悪非道のおこないにみちていた――徐々に形成されていき、大きな、黄色い家のまわりを取り囲むようしてできていった。だが、新しい教会と付属の建物の方に、ジョシュの心はうばわれた。日中、最後にオールド・ジェイゴウ・ストリートを歩いたとき、その工事は始まったばかりだった。そして今、教会は大きく、すこやかに建ち、むさ苦しい住居のあいだに見える建物は驚くほどのもので、誇らしいものだった。彼が見つめていると、ジェリー・ガレンとビル・ランがやってきた。

 

In the morning Josh rose late. He looked all the better for his lagging, browner than ever in the face, smarter and stouter. In a corner he perceived a little heap of made match-boxes, and, hard by, the material for more. It was Em’s work of yesterday morning. ‘Support ‘ome industries,’ said Josh, musingly. ‘Yus. Twopence-farden a gross.’ And he kicked the heap to splinters.

He strolled out into the street, to survey the Jago. In the bulk it was little changed, though the County Council had made a difference in the north-east corner, and was creeping farther and farther still. The dispossessed Jagos had gone to infect the neighbourhoods across the border, and to crowd the people a little closer. They did not return to live in the new barrack-buildings; which was a strange thing, for the County Council was charging very little more than double the rents which the landlords of the Old Jago had charged. And so another Jago, teeming and villainous as the one displaced, was slowly growing, in the form of a ring, round about the great yellow houses. But the new church and its attendant buildings most took Josh’s notice. They were little more than begun when last he walked Old Jago Street in daylight, and now they stood, large and healthy amid the dens about them, a wonder and a pride. As he looked, Jerry Gullen and Bill Rann passed.

 

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: ジャェイゴウの子ども パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.