アーサー・モリスン「ジェイゴウの子ども」32章 143回

 

ジョシュはにやりとして歯をみせたが、笑みをうかべることなく、自分を見上げている相手の顔を鋭く見つめた。ビル・ランは前かがみになって、両手をポケットにつっこんだまま、両腕を翼のように上下に動かすと、声をあげて笑い、足を前後にばたばたさせ、絞首台の蝶番が動きはじめたときの動作を念入りに演じた。「どうだ? どうだ?」彼はいった。「どうかい、相棒?」

ジョシュは答えなかった。歯をむきだしにしたまま口をさらに大きく横にひきのばし、考えているあいだに舌先をすばやく動かした。

「ウィーチも、そろそろ、やつける頃だ」ビルはしつこく言い続けた。「あいつは度々、おれたちに嫌なことをしてきた。おれたちは五十ポンドくらい搾取されてきているんだ。どんなものでも、おれたちから搾り取ってきた。今度は、おれたちの品物を持ち帰るだけだ」

「ううっ」ジョシュはうなり声をあげ、猛々しく睨みつけた。「あいつのせいで懲役をくらったんだ。血を流している豚野郎だよ」

ビル・ランの動きがとまった。驚いたのだ。「なんだと、彼がやったのか?」彼は声をあげた。「老いぼれウィーチがおまえを密告したのか? どうしてわかったんだ?」

 

Bill Rann’s grin burst wide again. He bent low, with outstretched chin, and stuck his elbows out as he answered: ‘Wy, ole Weech!’

Josh bared his teeth—but with no smile—looking sharply in the other’s upturned face. Bill Rann, bent nearly double, and with hands in pockets, flapped his arms in the manner of wings, chuckled aloud, and, jerking his feet back and forth, went elaborately through the first movement of the gallows-flap. ‘Eh? eh?’ said he. ”Ow’s that strike ye, ole cock?’

Josh answered not, but his parted lips stretched wide, and his tongue-tip passed quickly over them while he thought.

‘It’ll be a fair cop for ‘im,’ Bill pursued, eagerly. ”E’s treated us all pretty mean, one time or other. Wy, I bet ‘e owes us fifty quid atween us, wot with all the times ‘e’s squeeged us for a bit. It’ll on’y be goin’ to bring away our own stuff!’

‘G-r-r-r!’ Josh growled, glaring fiercely; ‘it was ‘im as put me away for my laggin’! Bleed’n’ swine!’

Bill Rann stopped, surprised. ‘Wot—’im?’ he exclaimed. ‘Ole Weech narked ye? ‘Owjer know that?’

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: ジャェイゴウの子ども パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.