アーサー・モリスン「ジェイゴウの子ども」34章 161回

今度は別の判事がでてきたが、今までよりも年配の男で、眼鏡をかけていた。彼が厳かに入ってきたのは、昼食後のことで、片手には花束をもっていた。ジョシュが思ったのは、長い真紅の正服をきて、変な格好をした男だということだった。なぜ、この男はベンチの端っこに座るのだろうか? 長い剣の下あたり、ベンチの中央に座ればいいのに。たぶん、あの老紳士が-ほんの少しのあいだ、ベンチの中央に座っただけで、そこから立ち去ってしまった-市長だったのだろう。そう考えれば、判事が端に座る理由も説明がつくというものだ。ウィーチの寝室の奥には、部屋がもうひとつあったらしい。彼は、そうした部屋のことを思ってもいなかった。おそらく、金はそこにあったのだろう。この連中は、軽食堂にある隠し場所を見逃していないだろうか。いいや、そんな場所がある筈はない。丸テーブルと、そのまわりには椅子が四脚、それから小さな食器棚、横の壁には聖書の文句を記した紙がかかり、マントルピースには陶器の置物がふたつ、ただそれだけだった。洗濯室には、ペニー銅貨が一枚おちているだけで、他には何もなかった。屋根裏部屋は、物を隠しておくにはいい場所だった。だが、ピクルスのすえた匂いが強く漂っていた。今でも、その匂いを思い出すことができた。あのときから、ピクルスはずっと匂っていた。

There was another judge this time, an older one, with spectacles. He had come solemnly in, after lunch, with a bunch of flowers in his hand, and Josh thought he made an odd figure in his long red gown. Why did he sit at the end of the bench, instead of in the middle, under the long sword? Perhaps the old gentleman, who sat there for a little while and then went away, was the Lord Mayor. That would account for it. There was another room behind the bedroom at Weech’s, which he had never thought about. Perhaps the money was there, after all. Could they have missed any hiding place in the shop parlour? No: there was the round table, with the four chairs about it, and the little sideboard; besides the texts on the wall, and two china figures on the mantel-piece—that was all. There was a copper in the wash-house, but there was nothing in it. The garret was a very good place to keep things in; but there was a strong smell of stale pickles. He could smell it now—he had smelt it ever since.

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: ジャェイゴウの子ども パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.