アーサー・モリスン「ロンドン・タウンへ」4章49回

4章

ジョニーは紅茶を飲み終えた。それから古い安楽椅子でくつろいで、口笛をふいたり、かかとで炉床をこつこつ踏みならしたりして、怒った顔のように見える天井の割れ目を観察した。メイ未亡人は、スローの実がもたらした六ペンスをひび割れたティーカップにいれたが、そこにはアイザックおじさんの半クラウンが返却される筈であった。やがて彼女は紅茶のときに汚した食器類を洗うと、おじいちゃんのすり切れた外套の襟を縫い、冬に備えた。ベッシーは本をひろげて眠りにおち、それから目を覚ました。ついには眠そうに階段を登っていくと、早々と寝台にはいった。だが、それでも老人は戻らなかった。

 「おじいちゃんはまだかしら」ジョニーの母親が言うのも、これで三度目だった。「すぐ戻るからと言っていたのに。今夜は、あの作業をするだけだからって」上の部分にガラスがはめこまれたマホガニーの箱のことで、スズメガの標本をつくっている途中だった。知り合いから注文された特別な品だった。

「お目当ての毛虫が見つからなかったんじゃないかな」ジョニーは推測した。「きっとそうだよ。どっちが早く家に帰り着くか競争だって言ったのを忘れたんだ」

メイ未亡人は襟を繕い終えた外套を紐にかけて、くるりと回しながら綻びはないか探してみた。綻びはなかったので、彼女は外套をおろすと、戸口にたって耳をすました。「おじいちゃんを捜しに行くには疲れていると思うけど、ジョニー」やがて彼女は切り出した。

ジョニーはそのとおりだと心のなかで考えた。「毛虫のせいだから、大丈夫だよ」彼はいった。「おじいちゃんが見たこともないような毛虫だったから、ゆうべ捕まえればよかったのに。今夜は見つけられないんだよ。だからピットからスレードまで探し続けているんだ。ただ、それだけだよ」

 

JOHNNY had finished his tea, and was lying at his ease in the old easy-chair, whistling, rattling his heels on the hearth, and studying a crack in the ceiling that suggested an angry face. Mrs. May had put the sixpence the sloes had brought into the cracked teacup that still awaited the return of Uncle Isaac’s half-crown, had washed the tea-things, and was now mending the worn collar of gran’dad’s great-coat, in readiness for the winter. Bessy had fallen asleep over her book, had been wakened, had fallen asleep again, and in the end had drowsily climbed the stairs to early bed: but still the old man did not return.

“I wonder gran’dad ain’t back yet,” Johnny’s mother said for the third time. “He said he’d be quick, so’s to finish that case to-night.” This was a glass-topped mahogany box, in course of setting with specimens of all the Sphinges: a special private order.

“‘Spect he can’t find them caterpillars he went for,” Johnny conjectured; “that’s what it is. He’s forgot all about racin’ me home.”

Mrs. May finished the collar, lifted the coat by the loop, and turned it about in search of rents. Finding none, she put it down and stood at the door, listening. “Think you’re too tired to go an’ look for him, Johnny?” she asked presently.

Johnny thought he was. “It’s them caterpillars, safe enough,” he said. “He never saw any before, an’ it was just a chance last night. To-night he can’t find ‘em, and he’s keepin’ on searchin’ all over the Pits and the Slade; that’s about it.”

 

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: ロンドン・タウンへ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.