アーサー・モリスン「ロンドン・タウンへ」10章97回

10章

メイドメント・ハースト社で、技師として勤務していたときに、ジョニーの父親は亡くなったのだが、そのメイドメント・ハーストにナンは少年を連れていき、見習いにしてもらう決心をした。たしかに、その会社は当時できるかぎりのことをしてくれた。事故は犠牲となった父親の不注意によるものであったが、犠牲者は熟練工ではなく、数カ月前に職についたばかりだったからだ。未亡人が緊急に必要とするもので不足しているものもなければ、世間並の葬式に足りないものもないようにしたばかりか、さらに会社は子供たちに孤児院を紹介しようと申し出てくれた。だが、ナン・メイは子供たちを手放すことができなかった。とりわけベッシーは、その頃、病院からでたばかりだった。そうしているうちに、孤独な、蝶の採集家である老人がその申し入れを断り、三人をまとめて連れ帰ったのだ。

 

IT was at Maidment and Hurst’s, engineers, that Johnny’s father had met his death; and it was to Maid-ment and Hurst that Nan had resolved to take the boy, and beg an apprenticeship for him. True, the firm had at the time done more than might have been expected of it, for the accident had been largely a matter of heedlessness on the victim’s part, and the victim was no old hand, but had taken his job only a few months before. It had seen that nothing was lacking for the widow’s immediate needs, nor for a decent funeral; and it had offered to find places in an orphanage for the children. But Nan May could not bring herself to part with them: Bessie, indeed, was barely out of the hospital at the time. And then the lonely old butterfly-hunter had cut matters short by carrying them off all three.

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: アーサー・モリスン, ロンドン・タウンへ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.