アーサー・モリスン「ロンドン・タウンへ」12章118回

 途中、警察官をひとりふたり見かけたが、警察官も興味深そうに彼の方をみていた。まだ工員が動きだす時間ではないからだ。だがコーヒーの屋台は、旋回橋のあたりで開いていた。そこは河から風が吹いてきて、いちだんと寒かった。コーヒーの屋台には、誰も客がいなかった。そして橋のうえにも、橋のむこうの通りにも、人影はひとつもなかった。そのとき、ちいさな影がぼんやりと、前方にあらわれ、彼を避けるかのように道を横切った。その影はすばやく動いたものの、おずおずと壁にそって移動していた。ジョニーは、その影が自分と同じくらいの、少女のものであることに気がついた。彼は強く踏みだした。その少女は、いったんすれ違ったが、どうやら勇気をふるいおこしたようで、ふりかえると、数歩近寄ってきた。その様子に彼が足をとめると、数ヤード離れたところから、彼女は話しかけてきた。彼女がこざっぱりとした恰好をしていて、やや小柄な少女であることは、すぐ近くの、うす暗い明かりでもわかったが、その顔は恐怖にゆがみ、瞳はぬれていた。

「ご婦人をひとり、どこかで見かけませんでしたか?」彼女はおどおどと言いそえた。「具合がよくない方を?」

 ジョニーは、具合がよくない婦人だろうと、健康な婦人だろうと見かけていなかった。そう答えると、少女は弱々しく「ありがとう」と礼をのべ、急いで行ってしまった。奇妙な出来事だとジョニーは考えながら、彼女が姿を消した闇を見つめた。物の影も見えないこの時刻にブラックォール・ストリートで、どうして婦人がいなくなるのだろうか。考えているうちに、彼の心に思いだされてきたのは、おじいちゃんの姿で、道を迷い、血だらけになって、死にかけた状態の姿であった。あの夜のことは、はるか昔のことに思えたが、あれから、一、二カ月しかたっていなかった。おそらく、そのご婦人も、ああした状態でベッドから徘徊してしまったのだろう。ジョニーは、その少女の災厄に同情し、できれば引き返して、いっしょに探したいと考えた。だが、これからすばらしい彼の仕事がはじまる時間だ。そうして彼は仕事へとむかっていった。

 

The one or two policemen he met regarded him curiously, for workmen were not yet moving. But the coffee-stall was open by the swing bridge, and here the wind came over the river with an added chill. The coffee-stall keeper had no customers, and on the bridge and in the straight street beyond it nobody was in sight. Till presently a small figure showed indistinctly ahead, and crossed the road as though to avoid him. It moved hurriedly, keeping timidly to the wall, and Johnny saw it was a girl of something near his own age. He tramped on, and the girl, once past, seemed to gather courage, turned, and made a few steps after him. At this he stopped, and she spoke from a few yards off. She was a decently-dressed and rather a pretty girl, as he could see by the bad light of the nearest lamp, but her face was drawn with alarm, and her eyes were wet.

“Please have you seen a lady anywhere?” she asked tremulously. “Ill?”

Johnny had seen no lady, ill or well, and when he said no, the young girl, with a weak “Thank-you,” hastened on her way. It was very odd, thought Johnny, as he stared into the dark where she vanished. Who should lose a lady—ill—in Blackwall streets at this time of a pitch dark morning? As he thought, there rose in his mind the picture of gran’dad, straying and bloody and sick to death, that night that seemed so far away, though it was but a month or two since. Maybe the lady had wandered from her bed in some such plight as that. Johnny was sorry for the girl’s trouble, and would have liked to turn aside and join in her search; but this was the hour of great business of his own, and he went his way about it.

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: アーサー・モリスン, ロンドン・タウンへ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.