アーサー・モリスン「ロンドン・タウンへ」12章119回

今度は警官たちが扉をたたき、職人たちを起こしていた。すると職人は中から大声をあげてこたえた。老いた夜番も精一杯いそいだが(警官よりも先をまわっていた)、いらだたしげに強く叩くノッカーは古く、ひと昔前のものだった。ジョニーがメイドメント&ファースト社に近づくにつれて、通りは一番早い職人たちで活気づいていた。彼らには、辛い労働という意識はなかった。

 メイドメント&ファースト社の扉はかたく閉ざされていた。あまりにも早く来すぎてしまったのだ。巨大な水門につくられた小さな扉をあけようとしてみたが、それは施錠されていた。ノックをしたほうがいいのだろうか。こぶしでそっと叩いて試しにやってみた。だが煉瓦の壁を叩いているかのようなものだった。さらに通りがかりの見習いが、この有様をみていて、大きな声で笑った。「空気を叩いてみるんだな」見習いは助言した。

 仕方なくジョニーは立ったまま待ったが、新しい錫の缶が、水門の上のガス燈に燻されていない輝きをみせて密告することのないようにした。そして出来るだけ熟練工のように見せかけた。だが通りすぎていく男たちは互いの顔を見て、にやりと笑い、彼のほうを頭で指し示すのだった。どうやら自分は、新米として知られているようだとジョニーは感じた。彼よりおそらく数週間はやく経験を積んだ見習いたちは、皮肉まじりの助言やら祝福やらをあびせた。「頑張れ、あと十五分だ!」二、三人が声をかけてきた。そのうちのひとりは熱心に助言してきて「親方の帽子にチョークで書いておくんだな。そうすれば親方も忘れまい」それから他の者は、極端に憤った口調で叫んだ。「なんと。ようやく来たのか。パブがしまってから、みんなずっとお前のことを待っていたんだぞ」  

 

The policemen were knocking at doors now, rousing workmen, who answered with shouts from within. An old night-watchman, too, scurrying his hardest (for he had farther to go than the policemen), banged impatiently at the knockers of the more conservative and old-fashioned. And as Johnny neared Maidment and Hurst’s, the streets grew busy with the earliest workmen—those who lived farthest from their labour.

Maidment and Hurst’s gate was shut fast; he was far too soon. He tried the little door that was cut in the great gate, but that was locked. He wondered if he ought to knock; and did venture on a faint tap of the knuckles. But he might as well have tapped the brick wall. Moreover, a passing apprentice observed the act, and guffawed aloud. “Try down the airey, mate,” was his advice.

 

So Johnny stood and waited, keeping the new tin can where the gaslight over the gate should not betray its unsmoked brightness, and trying to look as much like an old hand as possible. But the passing men grinned at each other, jerking their heads toward him, and Johnny felt that somehow he was known for a greenhorn. The apprentices, immeasurable weeks ahead of him in experience, flung ironic advice and congratulation. “Hooray! Extry quarter for you, mate!” two or three said; one earnestly advising him to “chalk it on the gaffer’s ‘at, so’s ‘e won’t forget.” And still another shouted in tones of extravagant indignation:—”What? On’y jes’ come? They bin a-waitin’ for ye ever since the pubs shut!”

 

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: アーサー・モリスン, ロンドン・タウンへ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.