アーサー・モリスン「ロンドン・タウンへ」15章147回

彼は百五十ヤードの長さがある車道へとつづく旋開橋をわたったが、その車道の先には別の旋開橋があった。だが車道は弧をえがいていたので、そのカーブのところまできたときに、彼は次の旋開橋が開いていることに気がついた。ブラックウォールでは、橋が開いていると、通行人は橋をわたることができない。つまり「閉ざされた」橋となるのだ。旋開橋とは、船をとおすために橋桁がもちあがる橋のことで、それは荷物をとおすために片側がひらく水門のようなものである。そこでアイザックおじさんはあきらめて待つことに決め、だんだんそわそわしはじめてきた人々と一緒に過ごしながら、橋がおりて通行できるのを待つことにした。路上で橋をつるす鎖のうしろに立ち、船の行き来をみながら、杖の飾りで鼻をこすり瞑想にふけった。やがて彼は、自分の左側にいる、色あせた服をきた人影に気がついたが、少しずつ、おぼつかない足どりで近づいてきた。

「おや、マンディの旦那じゃないか?」しわがれた声が話しかけてきた。酔っぱらったマザー・ボーンはーいつもほど酔っぱらってはいなかったがーそれでも用心して柱につかまると、不快な流し目をしては、あいている手を彼の顔のまえでひらひらさせた。アイザックおじさんはむせかえった声をだすと-見ていた者にすれば、たまたま咳をしたようにしか思えない声だった-一、二歩かすかにあとずさった。彼もまた、エンマ・パーシィがもう少しきちんとしていた頃を知っていたし、その頃を知る他の知り合いと同様に、ときどき、彼女を避けようとするのだった。

 酔っぱらったマザー・ボーンは柱から離れ、自分の犠牲者のあとを追いかけた。「逃げないでよ」彼女は不明瞭な口調でさけんだ。「マンディの旦那とは昔からの知り合いじゃないか」彼女は垢じみた片手をさしのべて、なだめるように声を低くした。「二ペンス、ちょうだい」アイザックおじさんは不安そうに違う方向をながめると、右のほうへとさらに踏み出した。橋を待っていた通行人は、ささやかな楽しみができたことを喜んで、互いの顔を見て、にんまりした。

 

He crossed a swing bridge that gave access to a hundred and fifty yards of roadway ending in another swing bridge. But there was a crook in the road, and when he passed it he found that the second bridge was open. Now in Blackwall an “open” bridge did not mean one that the passenger could cross; that was a “shut” bridge. The “open” bridge was one swung aside to let a ship through, as a pair of gates is opened for a carriage. So Uncle Isaac resigned himself to wait, with an increasingly impatient group, till the bridge should swing into place again and give passage. He stood behind the chain that hung across the road to check traffic, and meditatively rubbed his nose with the Turk’s-head. Presently he grew conscious of a rusty figure on his left, edging unsteadily a little nearer.

“‘Ow do, Mr. Mundy?” came a hoarse whisper. And Mother Born-drunk, a trifle less drunk than usual, but careful to grasp a post, leered a grimy leer and waved her disengaged hand in his face, as one saluting a friend at a great distance. Uncle Isaac emitted a non-committal grunt—one that might be taken for an accidental cough by the bystanders—and sidled a foot or two away. For he, too, had known Emma Pacey in her more decent days, and, with other acquaintances of that time, was sometimes put to shifts to avoid her.

Mother Born-drunk left the post and followed her victim. “Don’ run ‘way,” she ejaculated, unsteadily. “I’m ole pal. Mish’ Mundy!” She thrust out a foul paw, and dropped her voice coaxingly. “Len’sh twopence!” Uncle Isaac gazed uneasily in another direction, and took more ground to the right. The waiting passengers, glad of a little amusement, grinned one at another.

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: アーサー・モリスン, ロンドン・タウンへ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.