アーサー・モリスン「ロンドン・タウンへ」28章242回

「しっかりやれ」軍曹が声をかけたのは、二試合ほど練習試合をしてからのことだった。その調子でやっていると、うまく動けないぞ。そんなことは望んでいまい。そうじゃないか」この最後の言葉は、にやりとしながらいった。「定期的に練習をしていたわけじゃないからなあ。最近はじめたばかりだろう」

「でも大丈夫だ」彼は横の方に歩いていきながら、つけ加えた。「お前はなかなかいい腕だ。もちろん毎晩練習に来ていたら、もっとすばやく動けていたとは思うが。でも、お前はいい闘いをするぞ。楽しみにしている」ふたたび、狡猾そうな目の色がきらめいた。

 もう学校が閉まる時間だった。着がえていると、軍曹も帰ろうとした。彼は軍曹に礼をいうと、おやすみなさいと挨拶をした。

「おやすみ、メイ」軍曹はこたえると、通りにむかった。だがジョニーのあとから歩道を歩いてくると訊ねた。「明日やるのか」

「どういう意味ですか、軍曹殿」

「わたしは軍曹じゃない、ただの他人だ。そうした道徳にやかましい軍曹もいるのだろうが、わたしは喧嘩が見たくて通りに出てきたんだ。それだけだよ。いつやるんだい?」

「自分でもよくわかっていません」ジョニーは答えた。

「ああ、そうなのか。ふむ」軍曹はしばらく考え込んだ。おそらく簡単には信じなかった。それから彼はいった。「まあ、手伝うわけにはいかないが。とにかく左に力をいれるんだ。でも注意は怠るな。頭はあげて、守ってたら駄目だ。お前は強い。それにあいつよりも大きいんだから、いっぱい殴るんだ」

 

“Steady,” the sergeant called after two long rounds had been sparred. “You’ll get stiff if you keep on at that rate, my lad, and that’s not what you want, I reckon!” This last with a grin. “You haven’t been boxin’ regular you know, just lately.”

“But you’re all right,” he added, as they walked aside. “Your work keeps you in good condition. Not quite so quick as you would ha’ been if you’d been sparrin’ every evening, o’course. But quick enough for your job, I expect.” And again Johnny saw the cunning twinkle.

It was about closing time, and when Johnny had changed his clothes, he found the sergeant leaving also. He thanked him and bade him good-night.

“Good-night, May,” the sergeant called, and turned into the street. But he swung back along the footpath after Johnny, and asked, “Is it to-morrow?”

“What, sergeant?”

“Oh, I ain’t a sergeant—I’m a stranger. There’s a sergeant goes to that moral establishment p’raps,” with a nod at the Institute, “but he behaves strictly proper. I’m just a chap out in the street that would like to see the fight, that’s all. When is it?”

“I don’t quite know that myself,” Johnny answered.

“Oh—like that, is it? Hum.” The sergeant was thoughtful for a moment—perhaps incredulous. Then he said, “Well, can’t be helped, I suppose. Anyway, keep your left goin’ strong, but don’t lead quite so reckless, with your head up an’ no guard. You’re good enough. An’ the bigger he is, the more to hit!”


PDF

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: アーサー・モリスン, ロンドン・タウンへ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.