アーサー・モリスン「ロンドン・タウンへ」29章246回

 ジョニーは、傷だらけになった卑劣漢のカラーをつかむと、その頭に帽子を無理やりかぶせ、ふくらはぎをステッキでぴしゃりと叩いた。「すすめ。行進だ」

 「ほうっておいてくれないのか」バトスンは泣きごとをいった。「もう、じゅうぶんやったじゃないか」

「いや、まだじゅうぶんじゃない。もし言われたとおりにやらなければ、もっと痛い目にあうぞ。お前を家に連れて帰ると言ったんだ。さあ、かえるぞ。あるけ」

 ハーバーレーンまで、暗い通りを二つ、三つ歩かなければならなかった。だが、その通りは短い通りだった。閉店時間を過ぎていたので、店に着いたときには、明かりが消え、扉は閉まっていた。ナンがジョニーのノックを聞いて、扉を開けた。すると彼は、自分の前にバトスンをおしだした。「こいつも一緒だ」ジョニーは言った。「まだ半分も鞭打ちが足りてないけど」

 埃と血にまみれ、ほとんど見分けのつかなくなった顔に切り傷と痣をつくって、バトスンは箱に腰をおろしたが、それは屈辱的な姿であった。ナンは金切り声をあげると駆け寄った。

「ぼくがやったけど、近所のひとには聞こえないところでやった」ジョニーは弁明した。「男なら、ここに来るくらいなら、河に身投げしただろう。あれだけ脅かされたあとだから。こいつは本当に臆病者だ。こいつのために鞭を買うことにしよう。ここに約束した金をやる」彼は話をつづけながら、箱に金を置いた。「この数年間ではじめて、お前が自分で稼いだ金だ。だが、ここで金をもらうのも最後だ。お前に目をひからせているからな」

 だがナンは、不名誉なその頭にむかって泣き崩れ、ハンカチで相手をぬぐうのであった。

 

He hauled the bruised wretch up by the collar, crammed his hat on his head and cut him across the calves with his own walking stick. “Go on! March!”

“Can’t you leave me alone now?” whined Butson. “You done enough, ain’t ye?”

“No—not near enough. An’ you’ll have a lot more if you don’t do as I tell you. I said I’d take you home, an’ I will. Go on!”

Two or three dark streets led to Harbour Lane, but they wer; short. It was past closing time, and when they reached the shop the lights were turned down and the door shut. Nan opened to Johnny’s knock, and he thrust Butson in before him. “Here he is,” said Johnny, “not thrashed half enough!”

Dusty and bleeding, his face nigh unrecognisable under cuts and bruises, Butson sat on a box, a figure of shame. Nan screamed and ran to him.

“I did it where the neighbours wouldn’t hear,” Johnny explained, “and if he’d been a man he’d have drowned himself rather than come here, after the way I’ve treated him. He’s a poor cur, an’ I’ll buy a whip for him. There’s the money I promised you,” he went on, putting it on the box. “It’s the first you’ve earned for years, and the last you’ll have here, if I can manage it!”

But Nan was crying over that dishonourable head, and wiping it with her handkerchief.


PDF

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: アーサー・モリスン, ロンドン・タウンへ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.