チェスタトン「マンアライヴ」一部三章第75回

独立を祝して、大きなかがり火を屋根のうえでたこう。テームズの谷間にある家が、つぎつぎにその火にこたえていくのを確かめよう。自由家族同盟を始めよう。地方自治から袂をわかとう。愛国心なんか大事じゃない。こうして、あらゆる家を自治のもとにおこう。その家の法律で、子ども達を審理しようじゃないか。ビーコンハウスの法廷でやるように。もやい網は絶ちきり、共に幸せになろう。まるで無人島にいるかのように」

 「そうした無人島なら知っているよ」マイケル・ムーンが言った。『スイスのロビンソン』の物語のなかにだけ存在する。ある男が、ココナッツ・ミルクを妙に欲しくなる。すると隠れていた猿が数匹、ココナッツの実に衝撃をあたえて落下させる。それから文学青年がソネットを書きたくなると、じきにお節介なヤマアラシが藪から飛びだしてきて、針を一本突き射すんだ」

 

Let’s light a bonfire of independence on the roof, and see house after house answering it across the valley of the Thames! Let us begin the League of the Free Families! Away with Local Government! A fig for Local Patriotism! Let every house be a sovereign state as this is, and judge its own children by its own law, as we do by the Court of Beacon. Let us cut the painter, and begin to be happy together, as if we were on a desert island.”

“I know that desert island,” said Michael Moon; “it only exists in the `Swiss Family Robinson.’ A man feels a strange desire for some sort of vegetable milk, and crash comes down some unexpected cocoa-nut from some undiscovered monkey. A literary man feels inclined to pen a sonnet, and at once an officious porcupine rushes out of a thicket and shoots out one of his quills.”

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.