チェスタトン「マンアライヴ」一部三章第77回

「『スイスのロビンソン』の戴冠式の整列場面とか」マイケルは笑いながら言った。「ああした雰囲気のなかにいれば、君があらゆるものを見つけるのはわかるよ。もし、そうした気取らないものが欲しければ、たとえば戴冠式の天蓋みたいなものだけれど、ゼラニウムの花壇をこえて歩いていって、満開の花の冠をいだいた木を見つければいい。黄金の冠にする金が少しほしければ、蒲公英を掘ればいい。そうすれば芝生のしたに、金の鉱脈をみつけるだろう。儀式に聖油がほしければ、大嵐が岸辺のあらゆるものを洗い流したあとがいい。敷地内に鯨がいることに気がつくだろうとも」

「そういうわけで、皆さんもご存知のように、敷地内には鯨がいるというわけだ」とスミスは断言すると、情熱をこめて食卓を叩いた。「君たちはきっと、敷地を調査しなかったんだね。君たちはきっと、僕が今朝したように、裏手をぶらぶらしたりしなかったにちがいない。だって、ぼくは見つけたんだよ。君たちが話しているその物が、ある木にだけ実ることを。古い型の、四角いテントが、ごみ入れにたてかけてあった。帆布には穴が三つあいていているし、支柱も一本折れていた。だからテントとしては用をなさない。でも天幕としてなら-」

 

“A coronation on `Swiss Family’ lines, I suppose,” said Michael, laughing. “Oh, I know you would find everything in that atmosphere. If we wanted such a simple thing, for instance, as a Coronation Canopy, we should walk down beyond the geraniums and find the Canopy Tree in full bloom. If we wanted such a trifle as a crown of gold, why, we should be digging up dandelions, and we should find a gold mine under the lawn. And when we wanted oil for the ceremony, why I suppose a great storm would wash everything on shore, and we should find there was a Whale on the premises.”

“And so there IS a whale on the premises for all you know,” asseverated Smith, striking the table with passion. “I bet you’ve never examined the premises! I bet you’ve never been round at the back as I was this morning— for I found the very thing you say could only grow on a tree. There’s an old sort of square tent up against the dustbin; it’s got three holes in the canvas, and a pole’s broken, so it’s not much good as a tent, but as a Canopy—”

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.