チェスタトン「マンアライヴ」一部三章第81回

「金に何の価値があるだろうか」彼は言葉をつづけた。「もし光らないのなら。僕たちは気にとめないだろう。ソブリン金貨が黒かったり、昼の太陽が黒かったりしたら。黒いボタンと同じようなものだよ。この庭にあるすべてのものが、宝石のように見えないか。宝石には、いったいどんな価値があるんだ?宝石のように見えるということを除いたら。買うのも、売るのもやめて、見ることから始めるんだ。目をあけてみろ。そうすれば新しいエルサレムで目が覚めるだろう。

 「光るものすべてが金。

  真鍮でできた木も、塔も。

  黄金色をした宵の風がふきぬけていく。

  黄金色の牧草のあいだを。

  遠くに叫び声は追いやるんだ。

  黄色い泥を売る叫びは。

  光るものすべてが金。  

  輝きが金だから」

 「だれが書いたの?」ロザムンドは面白がって訊いた。

「だれも、今後も、だれも書いたりしないだろうよ」スミスは答え、すばらしい跳躍で岩石庭園を飛び越えた。

「ねえ」ロザムンドはマイケル・ムーンに言った。「このひと、精神病院に入院させた方がいいわよ。そう思わない?」

 

“What would be the good of gold,” he was saying, “if it did not glitter? Why should we care for a black sovereign any more than for a black sun at noon? A black button would do just as well. Don’t you see that everything in this garden looks like a jewel? And will you kindly tell me what the deuce is the good of a jewel except that it looks like a jewel? Leave off buying and selling, and start looking! Open your eyes, and you’ll wake up in the New Jerusalem.

        “All is gold that glitters—
           Tree and tower of brass;
         Rolls the golden evening air
           Down the golden grass.
         Kick the cry to Jericho,
           How yellow mud is sold;
         All is gold that glitters,
           For the glitter is the gold.”

“And who wrote that?” asked Rosamund, amused.

“No one will ever write it,” answered Smith, and cleared the rockery with a flying leap.

“Really,” said Rosamund to Michael Moon, “he ought to be sent to an asylum.
Don’t you think so?

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.