チェスタトン「マンアライヴ」一部五章第146回

「同じことですよ」彼は声をはりあげた。「僕たちの医者の友達にしても。ウォーナー先生はご立腹だから、と君は言うことだろう。僕もそれは認める。でも彼が、記者から、わざわざ写真を撮ってもらいたがるか? 茂みのなかにひれ伏すのか? 彼に非はない。そうした事態は、彼に威厳をつけるものではないかなら。彼にも正義心はあるにちがいない。でも正義心を発揮するだろうか。跪くだけではなく、四つん這いになってまで。裁判所に四つん這いになって入りたがるだろうか。医師は、宣伝することは許されていない。それに、そんなふうに見られたい医者もいないと思う。アメリカ人の客にしたところで、同じようなものだ。もし彼が決定的書類を持っているとしよう。それから読むに値する意外な事実もつかんでいるとしよう。それでも、裁判所での尋問にこたえ、医学的な調査結果について報告するときに、そうした書類を読み上げることは許されない。彼は二、三分ごとに、古い規則がもつれた山に足をとられてしまうだろう。今日、公の場で、真実を語ることができない。だが個人では、まだ語ることができる。あの家のなかでなら、真実を語ることができる」

“It is just the same,” he cried, “with our medical friends. You will say that Dr. Warner has a grievance. I agree. But does he want specially to be snapshotted by all the journalists ~prostratus in horto~? It was no fault of his, but the scene was not very dignified even for him. He must have justice; but does he want to ask for justice, not only on his knees, but on his hands and knees? Does he want to enter the court of justice on all fours? Doctors are not allowed to advertise; and I’m sure no doctor wants to advertise himself as looking like that. And even for our American guest the interest is the same. Let us suppose that he has conclusive documents. Let us assume that he has revelations really worth reading. Well, in a legal inquiry (or a medical inquiry, for that matter) ten to one he won’t be allowed to read them. He’ll be tripped up every two or three minutes with some tangle of old rules. A man can’t tell the truth in public nowadays. But he can still tell it in private; he can tell it inside that house.”

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.