チェスタトン「マンアライヴ」一部五章第165回

ふだんと同じように夜になったが、その暗くなりゆく速さは、夕空のころ考えていたよりも早かった。目には、空がまだ薄灰色を宿しているように感じられるけれど、大きな月が煌々とした光をはなちながら、屋根の上に、木々の上に姿をあらわし、濃灰色にかわっている空にうかんだ。しおれた葉が芝生に吹き寄せられるのも、ちぎれた雲が空に吹き寄せられるのも同じように、難儀な強風に運ばれての結果に思えた。

「アーサー」マイケルは言った。「きっかけは直観なんだけど、今では確信しているよ。君も、僕も、聖なるビーコン裁判所で友達を守ることになると。彼の汚名をはらすんだ。犯罪人であり、狂人であるという汚名を。少しばかり君に説教するけど、耳をかしてくれ」暗くなりつつある庭を行ったり来たりしながら、ムーンは続けた。

 

Night had come as it generally does, quicker than the twilight had seemed to promise. While the human eye still felt the sky as light gray, a very large and lustrous moon appearing abruptly above a bulk of roofs and trees, proved by contrast that the sky was already a very dark gray indeed. A drift of barren leaves across the lawn, a drift of riven clouds across the sky, seemed to be lifted on the same strong and yet laborious wind.

“Arthur,” said Michael, “I began with an intuition; but now I am sure. You and I are going to defend this friend of yours before the blessed Court of Beacon, and to clear him too—clear him of both crime and lunacy. Just listen to me while I preach to you for a bit.” They walked up and down the darkening garden together as Michael Moon went on.

 

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.