チェスタトン「マンアライヴ」二部二章第246回

「もしムーン氏が忍耐を持ち合わせているなら」ピムは威厳をこめて言った。「気がつかれるでしょう。これこそ、まさに私が説明をしていることなんですよ。いいですか、窃盗狂というものはですね、それ自体が示しているんですよ。身体があるものに惹きつけられているということを。ずっと信じられていたんです。ほかならぬハリスによってですけどね。窃盗狂とは、究極の説明の言葉ですよ。ほとんどの犯罪者には特定の専門分野がある。それから狭い、専門的な視点もある。真珠のカフスボタンに身体的衝動を覚えないではいられない者もいるけど、そうした人間はとても優雅であり、有名なダイヤモンドのカフスボタンを素通りしてしまうんだ。どんなによく見える場所に置いてあってもね。また或る者は、四十二個のボタンがついたブーツで自ら逃亡の道を妨げるけど、しなやかなブーツをはいても足は冷えるし、嫌味な気分になるからだ。繰り返しになるけど、犯罪の専門家には、商習慣に明るい人間というよりは、狂気じみたところがあるんだ。でも、この原則は始め当てはめることが難しい強奪者がここにいる。私達と国を同じくする市民について家宅侵入罪を言及しなければならない。」

 

“If Mr. Moon will have patience,” said Pym with dignity, “he will find that this was the very point to which my exposition was di-rected. Kleptomania, I say, exhibits itself as a kind of physical attraction to certain defined materials; and it has been held (by no less a man than Harris) that this is the ultimate explanation of the strict specialism and vurry narrow professional outlook of most criminals. One will have an irresistible physical impulsion towards pearl sleeve-links, while he passes over the most elegant and celebrated diamond sleeve-links, placed about in the most conspicuous locations. Another will impede his flight with no less than forty-seven buttoned boots, while elastic-sided boots leave him cold, and even sarcastic. The specialism of the criminal, I repeat, is a mark rather of insanity than of any brightness of business habits; but there is one kind of depredator to whom this principle is at first sight hard to apply. I allude to our fellow-citizen the housebreaker.

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.