2017.11 隙間読書 エイクマン『髪を束ねて』

『髪を束ねて』

作者:エイクマン

初出:Dark Entries 1964年

筑摩書房「奥の部屋」収録

クラリンダは仕事ができ、かつ魅力がある女性。職場で知り合ったダドリーと婚約した週の週末、彼の家族が住むノーサンプトンシャーにむかう。最初は優しく思えたダドリーの家族に違和感をおぼえ、ダドリーにも、その家族にも失望を感じていく…というありがちな話が、エイクマンの手にかかると、パガーニ夫人というパガン(異教)を思わせる女性が出てくるし、パガンの儀式を思わせるような光景も出てきて、これは何を意味しているのだろうかと首をひねりながらも怖くなる。

彼女はベッドから起きて大きなヒーターの電源を入れた。先ほどあれこれ考えごとに耽ったのも、つまりはまりに長く横になり過ぎたからかも知れない。外に流れる霧だって見ようによってはとても美しい。彼女は夜着のまま窓辺に立って外をうち眺めていた。ヒーターの熱が背後からさざ波のように拡がってきた。窓は古い上げ下げ式のもので、巧みに拵えられた窓桟が用いられている。桟は何世代にもわたって塗り替えられた形跡をとどめて、今は白く塗られていた。クラリンダは家の中の、こういう細かいところを見るのを好んだ。むかしの紳士の身だしなみのように万事手入れに抜かりないのは、今もその風が廃れないことを示している。69~70頁

ガーディアンの書評によれば、この箇所は「新しく塗られた白い塗料は、無意識のうちに反抗する気持ちをごまかすものであり、心理的抑圧の比喩である。結婚の心地よさをとるべきか、息苦しい集団から逃れるべきかで迷うクラリンダの危機を示している」そうだ。

この短編は二回繰り返して読んだのだが、そんなことをまったく思いもしないでこの箇所は読みとばしてしまった。エイクマンは手ごわいなあ。

読了日:2017年11月28日

 

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: 2017年, 読書日記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.