チェスタトン「マンアライヴ」二部二章第263回

どういうわけか分からないが、この素晴らしく贅沢な小品を片手にして戻ってくる泥棒の姿を見ると、もう一度予想外の驚きにうたれ、以前から感じていた反感が頭をもたげてきた。

「そんなことをするな!」矛盾することながら、私はさけんでいた。「サンタクロースならー」

「おや」その泥棒は言うと、食卓のうえにデキャンターを置き、私をながめた。「君もそう考えたんだね」

「考えたことの百万分の一も説明できない」私は声をはりあげた。「でも、こういうことなんだ…ああ、分からないかなあ? なぜ子供たちはサンタクロースを怖がらないのだと思う?夜、泥棒のようにやってくるのに。サンタクロースには人目を避けることも許されているし、不法侵入をすることも、背信行為をしても大丈夫だ。それはサンタクロースが行ったところは玩具がふえているからだ。もし玩具がなくなれば、どう思われるだろう? 地獄からの煙突をおりて、ゴブリンがやってきて、子供たちが寝ているあいだに子供たちのボールや人形を持ち去ってしまえば、どう思われる? ギリシャ悲劇は、夜明けよりも残酷なものになるだろうか? 犬盗人や馬盗人、奴隷商人は、おもちゃ泥棒と同じくらいに卑しいものだと思わないのか?」

 

Somehow the sight of the thief returning with this ridiculous little luxury in his hand woke within me once more all the revelation and revulsion I had felt above.

“`Don’t do it!’ I cried quite incoherently, `Santa Claus—’

“`Ah,’ said the burglar, as he put the decanter on the table and stood looking at me, `you’ve thought about that, too.’

“`I can’t express a millionth part of what I’ve thought of,’ I cried, `but it’s something like this… oh, can’t you see it? Why are children not afraid of Santa Claus, though he comes like a thief in the night? He is permitted secrecy, trespass, almost treachery—because there are more toys where he has been. What should we feel if there were less? Down what chimney from hell would come the goblin that should take away the children’s balls and dolls while they slept? Could a Greek tragedy be more gray and cruel than that daybreak and awakening? Dog-stealer, horse-stealer, man-stealer—can you think of anything so base as a toy-stealer?’

 

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.