チェスタトン「マンアライヴ」二部三章第326回

私の酒場の外にある粗末なベンチに腰をおろすと、彼は眼下のぶどう園のぶどうでつくられたワインをのみながら、杯のうえに感嘆の吐息をもらしました。その有様は異国のひとをかき分け、残酷な獣たちをやり過ごしながら、長いあいだ旅をしてきた人々が、ついに懐かしい風景を見つけたときのようでありました。それから腰かけたまま、惚けた様子で見つめたのは粗末なつくりのランタンで、鉛と色硝子でできたそのランタンは酒場の扉にかかっていました。古いものでしたが、何の値打ちもないものです。それははるか昔、祖母がくれたものでした。その硝子に描かれているのは、稚拙なものながらベツレヘムと賢者と星の絵でした。彼は恍惚としながら、聖母マリアの青い聖衣の透きとおる輝きと、その背後にある大きな、金色の星をながめました。そして私を連れていって、そのランタンを見せました。十四年のあいだ、私はランタンをよく見たことはありませんでした。

“He sat down on the rough bench outside my inn and drank some wine from the vineyards below, sighing with ecstasy over it like one who had travelled long among alien, cruel things and found at last something that he knew. Then he sat staring rather foolishly at the rude lantern of lead and coloured glass that hangs over my door. It is old, but of no value; my grandmother gave it to me long ago: she was devout, and it happens that the glass is painted with a crude picture of Bethlehem and the Wise Men and the Star. He seemed so mesmerized with the transparent glow of Our Lady’s blue gown and the big gold star behind, that he led me also to look at the thing, which I had not done for fourteen years.

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.