再訳 サキ『耐えがたきバシントン』№37

フランチェスカはスパルタ式の禁欲主義を身につけていたので、機嫌をとるような微笑みをうかべ続けたけれど、耳にとぐろをまきながら、それでいて聞こうとしない聾の毒蛇が、このときばかりは美しいものに思えた。

ジュリアン・ジュル卿は、平凡さについては高い基準で知られた下院の一員をつとめてきたので、卿は環境に完璧にとけこみ、議会の進行を注意深く見守る者でさえも、下院のどちら側の席に卿が座ったのか思い出すことは、ほとんどできなかっただろう。与党によって卿にあたえられた男爵の地位は、少なくともそうした問題をとりのぞいてくれた。それから数週間してから彼は西インド保護領にある地の総督になったのだが、それは準男爵の地位を受けいれた報酬としてなのか、それとも西インド諸島の人々が、自分たちにふさわしい総督をむかえるという考えを実践した結果なのかは、何とも言い難かった。ジュリアン卿にすれば、その地位はたしかに、大事の一つであった。彼が総督をしている期間に、もしかしたら王族の人々が訪れるかもしれないし、あるいは地震の災禍に遭遇するかもしれないが、どちらにしても彼の名前が新聞にのるだろう。でも一般の人にすれば、それは関心の領域外であった。「彼は誰なのか、それはどこなのか」と問いかけたならば、彼についても、そして地理学的な面でも、情報の総計がただしく要約されたことだろう。

Francesca, with Spartan stoicism, continued to wear an ingratiating smile, though the character of the deaf adder that stoppeth her ear and will not hearken, seemed to her at that moment a beautiful one.

Sir Julian Jull had been a member of a House of Commons distinguished for its high standard of well-informed mediocrity, and had harmonised so thoroughly with his surroundings that the most attentive observer of Parliamentary proceedings could scarcely have told even on which side of the House he sat.  A baronetcy bestowed on him by the Party in power had at least removed that doubt; some weeks later he had been made Governor of some West Indian dependency, whether as a reward for having accepted the baronetcy, or as an application of a theory that West Indian islands get the Governors they deserve, it would have been hard to say.  To Sir Julian the appointment was, doubtless, one of some importance; during the span of his Governorship the island might possibly be visited by a member of the Royal Family, or at the least by an earthquake, and in either case his name would get into the papers. To the public the matter was one of absolute indifference; “who is he and where is it?” would have correctly epitomised the sum total of general information on the personal and geographical aspects of the case.


PDF

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: サキ, 再検討「耐えがたきバシントン」 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.