再訳 サキ『耐えがたきバシントン』№40

青年は、最初から、国外追放となる見通しに余り喜びをみせなかった。 遠く離れ、鮫にかこまれて島で暮らすなんてとコーマスは表現した。しかもジュリアン卿の家族と一緒であり、ジュリアン卿を自分の大黒柱として暮らすのである。さらに毎日、ジュリアン卿の会話を聞いて存在を確認しながら生活するという話に、母親や叔父がみせたような熱意をしめさなかったので、結局、母親も、叔父も、まだその試みを実行しないでいた。一から新しい支度を整える必要性でさえ、期待されていたような力をもって、彼の想像力に訴えはしなかった。だが、しかしながら、彼がこの計画にさほど熱意をしめさなくても、フランチェスカとその兄が心に決めていたのは、手際よくやらないと、成功も水の泡となるということだ。翌日の昼食でコーマスに会ってもらうという約束をジュリアン卿に思い出してもらい、そして秘書の件を落着させるために、フランチェスカはこうして耐え、大英帝国の資産としての西インド諸島の価値について延々叱責をうけるという辛い体験を忍んでいるのであった。 聞き手は一人、また一人とうまく離れていったが、フランチェスカの忍耐はジュリアン卿の凡庸な言葉の嵐にも耐えた。このようにして彼女は貢献したのだが、昼食の約束や目的について新たな情報をえることで十分に報いられた。  彼女は、ムクドリのような声でおしゃべりに興じる人々をかきわけて進んだが、そのおしゃべりを強めているのは勝利を勝ち取ったという思いであった。セリーナの馬鹿げたサロンは、結局のところ、役に立っているのだ。 

 The boy had from the first shewn very little gratification at the prospect of his deportation.  To live on a remote shark-girt island, as he expressed it, with the Jull family as his chief social mainstay, and Sir Julian’s conversation as a daily item of his existence, did not inspire him with the same degree of enthusiasm as was displayed by his mother and uncle, who, after all, were not making the experiment.  Even the necessity for an entirely new outfit did not appeal to his imagination with the force that might have been expected. But, however lukewarm his adhesion to the project might be, Francesca and her brother were clearly determined that no lack of deft persistence on their part should endanger its success. It was for the purpose of reminding Sir Julian of his promise to meet Comus at lunch on the following day, and definitely settle the matter of the secretaryship that Francesca was now enduring the ordeal of a long harangue on the value of the West Indian group as an Imperial asset.  Other listeners dexterously detached themselves one by one, but Francesca’s patience outlasted even Sir Julian’s flow of commonplaces, and her devotion was duly rewarded by a renewed acknowledgment of the lunch engagement and its purpose. She pushed her way back through the throng of starling-voiced chatterers fortified by a sense of well-earned victory. Dear Serena’s absurd salons served some good purpose after all.


PDF

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: サキ, 再検討「耐えがたきバシントン」 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.