再訳 サキ『耐えがたきバシントン』№43

コーマスなら、こうした記事に仕立てられないことは、教区付き英国国教会の聖職者にむけて教区について書いたときの文でもあきらかである。その記事は明らかにコートニー・ヨールの手によるものであった。そしてコーマスには、はっきりとした目的があったから、彼を口車にのせて、政治的なからかいにみちた、巧みな記事の書き手だという誇りを捨ててもらい、そのかわりにコーマスを記事の名付け親にしてもらったのだ。それは大胆なおだてではあったが、成功に関しては疑いようもなく、秘書の地位も、遠く離れた、鮫に囲まれた島も消え去り、不可能という地平線がひらけるのみであった。フランチェスカは戦略の黄金則を忘れてしまいーそれは状況を注意深く選択してから戦争にのぞむというものだー、浴室の扉に直進したが、扉のむこうからは、水しぶきをあげる、にぎやかな音がしていて、コーマスはどうやら身支度をはじめたようだった。

Comus could no more have devised such a letter than he could have written an Episcopal charge to the clergy of any given diocese.  It was obviously the work of Courtenay Youghal, and Comus, for a palpable purpose of his own, had wheedled him into foregoing for once the pride of authorship in a clever piece of political raillery, and letting his young friend stand sponsor instead.  It was a daring stroke, and there could be no question as to its success; the secretaryship and the distant shark-girt island faded away into the horizon of impossible things. Francesca, forgetting the golden rule of strategy which enjoins a careful choosing of ground and opportunity before entering on hostilities, made straight for the bathroom door, behind which a lively din of splashing betokened that Comus had at least begun his toilet.


PDF

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: サキ, 再検討「耐えがたきバシントン」 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.