再訳 サキ『耐えがたきバシントン』№56

晩餐のパーティは大きなものであり、フランチェスカが遅く到着したため、客をたしかめる予備の時間もなかった。「ミス・ドゥ・フレイ」と名前が記されたカードが、彼女のすぐ向かいの、テーブルの向こう側におかれ、相続人女性の席をしめしていた。フランチェスカの特徴なのだが、まずメニューを注意深く、端から端まで目をとおした。それから、向かいに座っている娘についても同様の注意深さで、でも目立たないように詮索した。取り立てて言うほどの娘でもないが、それでも彼女の収入は望みうる最善であった。彼女は可愛らしく、慎みのある栗色の服を身につけ、まじめで、思慮深く、穏やかな表情をうかべ、憶測をめぐらすような不安定な気質を隠蔽していた。彼女の態度は、もし酷評したいなら、わざと構わないようなところがあった。彼女が素晴らしいルビーの装身具一式を身につけた様子には、説明しがたい雰囲気があって、家にはもっと宝石があるけれど、間に合わせることが難しかった言わんばかりであった。

The dinner party was a large one and Francesca arrived late with little time to take preliminary stock of the guests; a card with the name, “Miss de Frey,” immediately opposite her own place at the other side of the table, indicated, however, the whereabouts of the heiress.  It was characteristic of Francesca that she first carefully read the menu from end to end, and then indulged in an equally careful though less open scrutiny of the girl who sat opposite her, the girl who was nobody in particular, but whose income was everything that could be desired.  She was pretty in a restrained nut-brown fashion, and had a look of grave reflective calm that probably masked a speculative unsettled temperament. Her pose, if one wished to be critical, was just a little too elaborately careless. She wore some excellently set rubies with that indefinable air of having more at home that is so difficult to improvise.  Francesca was distinctly pleased with her survey.


PDF

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: サキ, 再検討「耐えがたきバシントン」 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.