再訳 サキ『耐えがたきバシントン』№75

彼女の恋愛はほぼ途切れることなく続いていったが、その行動がずっと支離滅裂なものだったせいで激しく苦しんだ。彼女は愛情にみちた関心を若者たちにむけたが、それはうそ偽りのないものであった。若者ひとりひとりの存在を隠そうともしなければ、互いを競わせるようなこともしなかった。また夫を漁ろうとしている狩猟家であるとも言えなかった。それというのも、彼女はどのような男と結婚するつもりなのか心に決めていたからだ。だが彼女の予定は、地元の知人たちが予想しているものとはあまり差異はなかった。

Her romances were mostly in serial form and suffered perhaps in fervour from their disconnected course what they gained in length of days.  Her affectionate interest in the several young men who figured in her affairs of the heart was perfectly honest, and she certainly made no attempt either to conceal their separate existences, or to play them off one against the other.  Neither could it be said that she was a husband hunter; she had made up her mind what sort of man she was likely to marry, and her forecast did not differ very widely from that formed by her local acquaintances. 


PDF

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: サキ, 再検討「耐えがたきバシントン」 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.