再訳 サキ『耐えがたきバシントン』№89

退散していく彼の姿を、彼女は徐々に涙でかすんでいく目で見つめた。彼は陽気で、見た目もいい友達で、ともに楽しい時を過ごしてきた。慣れ親しんだ待ち合わせの場を見わたしたときに、まつ毛にかかる涙がこぼれそうになったのは、そこは初めて二人してやってきた日から密会を続けてきた場所だからであった。彼がまだ学生で、彼女も十代のときのことである。しばし、彼女は悲しみに隷属している己を感じた。

 それから驚くほどの精力でーわずか二週間しか街にいない者ならではのものだったー、彼女はそこから立ち去って世界を旅する船のファンと一緒に彼のクラブでお茶をした。多元論とは、慈悲深い麻薬なのである。

She watched his retreating figure with eyes that grew slowly misty; he had been such a jolly comely boy-friend, and they had had such good times together.  The mist deepened on her lashes as she looked round at the familiar rendezvous where they had so often kept tryst since the day when they had first come there together, he a schoolboy and she but lately out of her teens.  For the moment she felt herself in the thrall of a very real sorrow.

Then, with the admirable energy of one who is only in town for a fleeting fortnight, she raced away to have tea with a world-faring naval admirer at his club.  Pluralism is a merciful narcotic.


PDF

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: サキ, 再検討「耐えがたきバシントン」 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.