サキの長編小説 「耐えがたきバシントン」 15章168回

エレーヌ・ヨールは、ウィーンの高級ホテルのスパイス・ホールで、昼食の席についていた。「帝国」と刻まれた双頭の鷲が至るところに目につき、国の礎ともなる帝国の威厳をしめしていた。正方形をした中庭が何箇所かあり、そこには黄色い旗が建物の上でたなびき、その方面に詳しい者に、ロシアの皇太子がここに隠されているという事実を暴露していた。紋章の象徴性によって公表されないけれど、存在自体が紋章じみているせいで隠すことができないでいるのは、西洋世界の共和国における数名の市民であった。英国議会のコブデン主義者の一人か二人が実際的な仕事にたずさわり、ウィーンの生活費は法外な天秤に載せられているようなものであり、この地で自分たちは豊穣さを集めているのだから、余り偉ぶらないでさっさと動くものだということを証明してみせた。彼らの勘定の、実際にはありそうもない不当な高値は、国庫をあずかる競争者の命を縮めるものとして、いずれも歓迎された。民主主義の栄光は人々を誤った方向に導きはしたが、けっして追いかけられることはなかった。埃で模様がついたような世界のあちらこちらに、オーストリア陸軍のカーストの代表が着ている高価な制服が照り輝いていた。また明らかに、礼儀正しい距離をとりながらも、怠惰に過ごしてきたヨーロッパの19世紀とは言え、それでも忘れることのできないセム語族のはぐれ組がそこにはいた。

 

Elaine Youghal sat at lunch in the Speise Saal of one of Vienna’s costlier hotels.  The double-headed eagle, with its “K.u.K.” legend, everywhere met the eye and announced the imperial favour in which the establishment basked.  Some several square yards of yellow bunting, charged with the image of another double-headed eagle, floating from the highest flag-staff above the building, betrayed to the initiated the fact that a Russian Grand Duke was concealed somewhere on the premises.  Unannounced by heraldic symbolism but unconcealable by reason of nature’s own blazonry, were several citizens and citizenesses of the great republic of the Western world.  One or two Cobdenite members of the British Parliament engaged in the useful task of proving that the cost of living in Vienna was on an exorbitant scale, flitted with restrained importance through a land whose fatness they had come to spy out; every fancied over-charge in their bills was welcome as providing another nail in the coffin of their fiscal opponents.  It is the glory of democracies that they may be misled but never driven.  Here and there, like brave deeds in a dust-patterned world, flashed and glittered the sumptuous uniforms of representatives of the Austrian military caste.  Also in evidence, at discreet intervals, were stray units of the Semetic tribe that nineteen centuries of European neglect had been unable to mislay.


PDF

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: サキ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.