サキの長編小説 「耐えがたきバシントン」 15章174回

エレーヌの伯母たちは良心的であり、また世慣れてもいた。伯母たちは、何世代にもわたって、丹念なまでに厳格でありつづけた家の末裔にあたるのだ。

 

エレーヌがパンケーキの段階にまで進まないうちに、コートニーが戻ってきた。

 

「長いこと席をはずしていてすまない」彼はいった。「でも今夜、君に少し面白そうな話をもってきた。素敵な仮面舞踏会があるそうだ。電話をして君に衣装を注文しておいたから、大丈夫だ。その衣装は君に似合って綺麗にみえるだろう。わたしは道化師の衣装にすることにした。マダム・ケルニコートは素晴らしい魂の持ち主であられるが、君につきそっているし、いつでも君の望むときに連れて帰ってくれる。わたしは明け方まで残ることになるだろうから」

 

見知らぬ街での仮面舞踏会は、エレーヌにすれば、楽しいという範疇には入らないようには思えた。近隣のひとに知られていない街で、身元を隠して念入りに変装することは意味のないことのように思えた。コートニーといっしょであれば、もちろん事情はちがってくる。彼は至るところに友人や知り合いがいるようにみえた。だが話が進められているので、今さら断ることも無礼な話におもえた。そこでエレーヌはパンケーキを食べ終えると、礼儀正しく自分の衣装に関心をよせた。

Elaine’s aunts were conscientiously worldly; they were the natural outcome of a stock that had been conscientiously straight-laced for many generations.

Elaine had progressed to the pancake stage before Courtenay returned.

“Sorry to be away so long,” he said, “but I’ve arranged something rather nice for to-night.  There’s rather a jolly masquerade ball on.  I’ve ’phoned about getting a costume for you and it’s alright.  It will suit you beautifully, and I’ve got my harlequin dress with me.  Madame Kelnicort, excellent soul, is going to chaperone you, and she’ll take you back any time you like; I’m quite unreliable when I get into fancy dress.  I shall probably keep going till some unearthly hour of the morning.”

A masquerade ball in a strange city hardly represented Elaine’s idea of enjoyment.  Carefully to disguise one’s identity in a neighbourhood where one was entirely unknown seemed to her rather meaningless.  With Courtenay, of course, it was different; he seemed to have friends and acquaintances everywhere.  However, the matter had progressed to a point which would have made a refusal to go seem rather ungracious.  Elaine finished her pancake and began to take a polite interest in her costume.


PDF

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: サキ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.