アーサー・モリスン倫敦貧民窟物語「ジェイゴウの子ども」6章48回

たしかに、ディッキーは完璧なまでに理解した。そのときディッキーは、新しい世界の、目もくらむばかりの喜びを見た。菓子も、コーヒーもいくらでも食べ放題、飲み放題だし、ディッキーが心ひかれるものがあればいつでも思いのままだ。とりわけ何よりも、実物の金が手に入るのだ。ペニーが無尽蔵に、そしておそらくシリングだってたくさん手に入る。夕食にレバーの塊を買えるくらいの金も、あるいは牛の胃(トライプ)が買えるくらいの金も、思い描くものは何でも手に入れることができる。寒い夜に缶からサビロイ(乾燥ソーセージ)やベイクドポテトを食べることも、ルーイを乗せてあげる小さな二輪車も、おもちゃ屋から帆のついたボートを買うこともできるのだ。

 

「この世には、見つけようと思えば、いくらでも見つけることができるものがある。それにお前さんみたいに賢い子なら、毎日でも見つけることができる。もしお前が見つけなくても、誰かが見つけるだろう。そうしたものを見張っている連中はたくさんいる。お前さんも、そうした連中のようにきちんとやったわけだ。何か気にかかっているのか?」ウィーチ氏は厳しくも、真面目な表情になって、人差し指を印象的な仕草でたてた。「私が知らないなら、お前さんは何もすることが出来ない。もし、お前さんが一言でもいえば。もし、お前さんが一言でもいえば」彼はドシンと音をたてながら、拳で食卓を叩いた。「お前さんの身に何か起こしてやるさ。なにか悪いことを」

 

 ウィーチ氏は立ち上がると、ふたたびにこやかになった。だが、仕事をしているときの機嫌のよさであった。「さあ、もう行きなさい。でも何か見つけたら」彼は言った。「油断をするな。そのまま出かけて騒動にまきこまれるんじゃないぞ。コーヒーが一ペニーで、菓子が一ペニーだ。あわせて二ペンスだ。だが、今日は一ペニーにしておく。二ペニーの借りがあるんだからな。なにか持ってきて、すぐに支払った方がいい。じゃあな」

 

楽しみには、思いもよらない請求書がついてきた。人生ではじめて、ディッキーは負債を負った。コーヒーや菓子がけっして贈り物ではないことに気がついて、少々失望もした。だが、たしかに今から思えば、贈り物だと考えていたのは愚かだった。ディッキー・ペローの世界では、人々は贈り物をしたりしなかった。それは愚か者のすることだった。こうしてディッキーは、両手をやぶれたポケットにつっこんで、小さな頭に思いをめぐらした。その顔には、昨日の涙が泥で筋をえがいたままだった。そしてアーロン氏の店の扉から重い足取りででていき、ミーキン・ストリートへむかった。

 

Yes, Dicky understood perfectly; and Dicky saw a new world of dazzling delights. Cake—limitless cake, coffee, and the like whenever he might feel moved thereunto; but more than all, money—actual money. Good broad pennies, perhaps whole shillings—perhaps even more still: money to buy bullock’s liver for dinner, or tripe, or what you fancied: saveloys, baked potatoes from the can on cold nights, a little cart to wheel Looey in, a boat from a toy-shop with sails!

‘There’s no end o’ things to be found all over the place, an’ a sharp boy like you can find ‘em every day. If you don’t find ‘em, someone else will; there’s plenty on ‘em about on the look-out, an’ you got jist as much right as them. On’y mind!’—Mr Weech was suddenly stern and serious, and his forefinger was raised impressively—’you know you can’t do anythink without I know, an’ if you say a word—if you say a word,’ his fist came on the table with a bang, ‘somethink ‘ll happen to you. Somethink bad.’

Mr Weech rose, and was pleasant again, though business-like. ‘Now, you just go an’ find somethink,’ he said. ‘Look sharp about it, an’ don’t go an’ git in trouble. The cawfy’s a penny, an’ the cake’s a penny—ought prop’ly to be twopence, but say a penny this time. That’s twopence you owe me, an’ you better bring somethink an’ pay it off quick. So go along.’

This was an unforeseen tag to the entertainment. For the first time in his life Dicky was in debt. It was a little disappointing to find the coffee and cake no gift after all: though, indeed, it now seemed foolish to have supposed they were; for in Dicky Perrott’s world people did not give things away—that were the act of a fool. Thus Dicky, with his hands in his broken pockets, and thought in his small face, whereon still stood the muddy streaks of yesterday’s tears, trudged out of Mr Aaron Weech’s shop-door, and along Meakin Street.


PDF

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: ジャェイゴウの子ども パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.