アーサー・モリスン「ロンドン・タウンへ」24章212回

 そして今、正射影図法を練習しているのだが、ジョニーの心は練習になく、上の空の状態に苦しんでいた。その理由を知る筈もないロング・ヒックスもたいそう心配をして、当惑したように驚きを顔にうかべ、あれやこれやと説いて聞かせながら、髪に指をつっこんでは腕をくみ、それからまた腕をほどいた。ジョニーの心は密かに張りつめ、日々、その緊張は強まっていき、ついにはひとりになると顔をあからめ、自分がとても弱い人間だということを実感するのだった。ノラ・サンスンはダンスには来なかった。彼の知り合いの誰も、彼女を知らなかった。その近寄りがたい様子は、まるで中国の皇帝だった。どうすればノラ・サンスンに近寄れるのだろうか。この思いに彼は息がつまり、心が焼けつくようで、少なからず恐怖を感じた。彼は行き詰ることもなければ、深く考えることもなく、社会的慣習の順守という迷宮に対峙した。見てもわかるとおり、彼は厳しい道をすすむことができたからだ。だが心のなかで思い描いてというよりも、あきらかに本能にしたがって進んだ厳しい道であった。目に見えない壁にジョニーは苛立ち、激しい怒りをこめて学校のサンドバッグを叩いた。

 

And now for awhile the practice of orthographic projection suffered from neglect and abstraction of mind. Long Hicks, all ignorant of the cause, was mightily concerned, and expostulated, with a face of perplexed surprise, much poking of fingers through the hair, and jerking at the locks thus separated. But it was a great matter that tugged so secretly at Johnny’s mind, and daily harder at his heart-strings, till he blushed in solitude to find himself so weak a creature. Nora Sansom did not come to the dancing. She knew nobody that he knew. She was unapproachable as—as a Chinese Empress. How to approach Nora Sansom? And at the thought he gulped and tingled, and was more than a little terrified. He was not brought to a stand by contemplation of any distinct interposing labyrinth of conventional observance, such as he who can see can pick his way through in strict form; but by a difficulty palpable to instinct rather than figured in mind: an intangible barrier that vexed Johnny to madness, so that he hammered the Institute punching-ball with blind fury.


PDF

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: アーサー・モリスン, ロンドン・タウンへ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.