アーサー・モリスン「ロンドン・タウンへ」31章251回

ヒックスは、その女の胴をおさえつけて、こちらの方をむかせた。彼は怒っていた。「出て行くんだ」彼は言った。「お前を連れて来たのは、こんな行列をつくるためじゃない。そうしないと約束したじゃないか」腕の力があまりに強く抗えないので、女はヒックスのほうをむきはしたが、相手の顔を爪でひっかき、夫をさがそうとする金切り声は途切れることはなかった。そのときジョニーが戸口にとびこんできた。人だかりをみて、むこうの曲がり角から走ってきたのだ。

 ヒックスはすばやく身をかわして女を避けると、その腕をつかんで、ジョニーにむかって荒々しい表情で合図をした。ジョニーは、なにも事態を把握していなかった。だが女が夫を探して泣き叫ぶ声を聞きつけ、彼も女の腕をつかんだ。「ご主人はだれなんだ?」彼は言った。「ご主人の名前は?」

「名前だって。もちろんバトスンだよ。ヘンリー・バトスンという名前だよ。さあ、あたしの夫を返してくれ。あたしの夫なんだ。じゃましないでおくれ、坊や」

ジョニーは、頭に思いがけない強打をくらった。だが、しばらくすると驚きは消えていったが、それでも怒りはやや残っていた。「連れてくるよ」彼は叫び、家のなかに駆けこんでいった。

 これですべてに説明がついた。あの男には、別の妻がいたのだ。あの卑劣漢を彼女の前にひきずりださないといけない。それから警察にわたそう。警察を怖れていたのも無理がない。とうとう、これで重荷が運ばれていく。バトスンに罰がおりるのだ。有頂天になり、他のことは考えないで、ジョニーは次々と部屋にとびこんでいった。

 

Hicks put his arm about the woman’s waist and swung her back. He was angry now. “Get out!” he said, “I didn’t bring you to make a row like that! You swore you wouldn’t!”

Finding his arm too strong for her, the woman turned on Hicks and set to clawing at his face, never ceasing to scream for her husband. And then Johnny came pushing in at the door, having run from the far street-corner at sight of the crowd.

Hicks, as well as he could for dodging and catching at the woman’s wrists, made violent facial signals to Johnny, who stared, understanding none of them. But he heard the woman’s howls for her husband, and he caught at her arm. “Who is your husband?” he said. “What’s his name?”

“What’s ‘is name? Why Butson—’enery Butson’s ‘is name! Gimme my ‘usband! My ‘usband! Let me go, you villain!”

It was like an unexpected blow on the head to Johnny, but, save for a moment, it stunned not at all—rather roused him. “I’ll fetch him!” he cried, and sprang into the house.

Here was release—the man had another wife! He would drag the wretch down to her, and then give him to the police. No wonder he feared the police! The load was lifted at last—Butson’s punishment was come indeed! Fiercely glad, and thinking of nothing but this, Johnny swung into each room in turn.

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: アーサー・モリスン, ロンドン・タウンへ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.