チェスタトン「マンアライヴ」一部二章第59回

眼下に広がる薄暗い庭園で、ぶんぶん響いていた会話が突如やぶられたのは、ハント嬢の楽器のせいで、それは激しく爪弾かれ、いきなり民衆にむけられた大砲さながら、元気のいい調べを奏でた。

 ロザムンドの声が、間の抜けた、流行りの馬鹿な歌にのって、朗々と、力強く響いてきた。

『黒ん坊が歌っているよ、昔の農園の歌を。

歌っているよ、私たちが歌ったように、過ぎ去りし日々のことを』

 茶色の目に物憂げな色をたたえながら、イングルウッドが服従の言葉を呟いているのは、その天真爛漫かつ情熱をこめた調べに対してであった。だがマイケル・ムーンの青い瞳に宿り、無情に輝いている光は、イングルウッドの理解をこえたものであった。幾世紀ものあいだ、多くの村や渓谷は今より幸せであっただろう。もしイングルウッドやその同郷の人々がその輝きが何であるかを理解し、その輝きがきらめいた刹那に、それがアイルランドの戦いの星であると推察していたならの話だが。

 

In the dim garden below the buzz of talk was suddenly broken by Miss Hunt’s musical instrument banging with the abruptness of artillery into a vulgar but spirited tune.

Rosamund’s voice came up rich and strong in the words of some fatuous, fashionable coon song:-

 

“Darkies sing a song on the old plantation,
Sing it as we sang it in days long since gone by.”

 

Inglewood’s brown eyes softened and saddened still more as he continued his monologue of resignation to such a rollicking and romantic tune. But the blue eyes of Michael Moon brightened and hardened with a light that Inglewood did not understand. Many centuries, and many villages and valleys, would have been happier if Inglewood or Inglewood’s countrymen had ever understood that light, or guessed at the first blink that it was the battle star of Ireland.

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.