チェスタトン「マンアライヴ」二部一章第176回

もう片方でも、ムーンとイングルウッドが防御すべく、本やら文書やらで砦を築いていた。だが、これらのなかにはウィーダやウィルキー・コリンズが数冊含まれているように、ムーン氏の仕事は不注意なものであり、包容力のあるものであった。犠牲者であり告発者であるウォーナー医師について、ムーンは当初、隅の、高さのある衝立のかげにいてもらおうと、法廷で、下品にもせわしなく動いてみせた。だが、ひそかに相手に許したのは、ときどき衝立の上から覗いてもいいという許可であった。しかしながらウォーナー医師は、こうした場合の騎士道にそむいてしまい、多少の言い争いをしたあとで自らにあてがった席は、彼の法律顧問たちが並んでいるテーブルの右側であった。

 

On the other side, Moon and Inglewood, for the defence, were also fortified with books and papers; but as these included several old yellow volumes by Ouida and Wilkie Collins, the hand of Mr. Moon seemed to have been somewhat careless and comprehensive. As for the victim and prosecutor, Dr. Warner, Moon wanted at first to have him kept entirely behind a high screen in the corner, urging the indelicacy of his appearance in court, but privately assuring him of an unofficial permission to peep over the top now and then. Dr. Warner, however, failed to rise to the chivalry of such a course, and after some little disturbance and discussion he was accommodated with a seat on the right side of the table in a line with his legal advisers.

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.