チェスタトン「マンアライヴ」二部一章第198回

「私が訊ねたのは」マイケルは静かに言った。「私たちが学長からの供述を手に入れているからだ。結論をだすためにも、後輩のイングルウッド氏に頼んで、真相についての供述書を読みあげてもらおう。これは学長自身が署名して、真実であると認めた供述書だ」

 アーサー・イングルウッドは、書類を何枚か手にして立ち上がった。彼はいつものことながら幾分上品に、控えめな様子に見えながら、その存在が彼の主任弁護士よりも有能に思える様子に、見ている者たちは驚きを感じた。実際のところ、彼は遠慮がちな男のひとりで、話すように言われるまでは口をひらくこともないのだが、そうしていいと言われると立派に話すことのできる男であった。ムーンは、その逆であった。彼は人知れず自分の図々しさを楽しんでいたが、世間の目のあるところでは微かに当惑もした。自分が話していると、彼は愚かさを感じた。一方、イングルウッドが愚かさを感じるのは、自分が話せないからであった。でも何か言うことがあれば、彼は話すことができた。そこで話せるときには、話すということは極めて自然なことに思えた。ところがマイケル・ムーンにとって、この宇宙の何物も自然には思えなかった。

 

“I only ask,” said Michael quietly, “because we have. To conclude my case I will ask my junior, Mr. Inglewood, to read a statement of the true story—a statement attested as true by the signature of the Warden himself.”

Arthur Inglewood rose with several papers in his hand, and though he looked somewhat refined and self-effacing, as he always did, the spectators were surprised to feel that his presence was, upon the whole, more efficient and sufficing than his leader’s. He was, in truth, one of those modest men who cannot speak until they are told to speak; and then can speak well. Moon was entirely the opposite. His own impudences amused him in private, but they slightly embarrassed him in public; he felt a fool while he was speaking, whereas Inglewood felt a fool only because he could not speak. The moment he had anything to say he could speak; and the moment he could speak, speaking seemed quite natural. Nothing in this universe seemed quite natural to Michael Moon.

 

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.