隙間読書 芥川龍之介『地獄変』

『地獄変』

著者:芥川龍之介

初出:大正8年(1919年)「傀儡師」新潮社

青空文庫

 

語り手の丁寧に、たんたんと事件を語っていく口調に、語り手は女ではなかろうか?と思いもしたが、猿が水干(すいかん)の袖にかじりついて…とあるから、やはり男、公家の男なのだろう。読んでいて心地よい語り口である。

この語り手は黒子に徹してあまりに多くの感情をみせない。娘を憐れむ気持ち、絵師良秀の執着ぶりを怖ろしいと思う気持ちが感じられる程度である。

諸悪の根源、大殿についても反感は感じられない。まず冒頭でこう語る。

「堀川の大殿様のやうな方、これまでは固より、後の世には恐らく二人とはいらつしやいますまい。噂に聞きますと、あの方の御誕生になる前には、大威徳明王の御姿が御母君の夢枕にお立ちになったとか申す事でございますが、兎に角御生まれつきから、並々の人間とは御違ひになつてゐたやうでございます。でございますから、あの方の為さいました事には、一つとして私どもの意表に出てゐないものはございません。」

絵師の娘を乗せた車に火を放ち、その有様を眺めて喜びにひたる大殿の所業も「並々の人間とは御違いになつていゐたやう」ということであり、非難も、反感もその口調にはない。

だが非難はなくても、娘のところに忍び寄ったところを発見されて慌てて廊下を走っていく足音(大殿とは書いていないけど)や娘を乗せた車に火をつけて絵師の反応を眺めて楽しむ場面は醜悪なものとして心に残る。大殿は、サド以上にサドではなかろうか。

サドの登場人物は悪人として書かれていても、天文学に燃えていたり、世間の常識を論破しようとしたり、魅力あふれる悪人である。だが地獄変の大殿も、絵師も、何の魅力もない。それどころか、読んだあとで嫌になる人物である。

なんで芥川はこんなに嫌な悪人を書いたのか、サドは魅力あふれる悪人を書いたのか…分からない。

 

地獄変の絵師良秀は画を書こうとするあまり、屍を描写したり、怪鳥に弟子を襲わせたり、車に火をつけて焼け死ぬ女を見たいと望んだり。この絵に執着する様子はドグラマグラの絵師、呉青秀を思わせるけど。夢野久作は、地獄変を参考にしたのだろうか。名前も最後に「秀」がついているしなあ…そのうち呉青秀と比べてみようと脱線読書へと踏み出してしまう。

 

読了日:2017年8月4日

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: 2017年, 読書日記 パーマリンク

隙間読書 芥川龍之介『地獄変』 への1件のフィードバック

  1. 平山和夫 のコメント:

    どうも仰る事に偏見が強すぎる気がしますね…。当然のように大殿様の非道を決め付けておられるようですが、それほどこの語り手の申し分に信頼おけませんか?
    仮に現在進行形で先の見えない話とすれば、仕える主人に盲信する余り、希望的観測なんかも有り得るとしても、この話は既に完了した後日談なわけです。それも遥かに過去の話のように思われます。そんな頃になって例え元は奉公人とは云え、ここまではっきり言い切って明言している以上、大殿様の潔白は動かぬ既成事実なのです。そんな事は冷静に、素直に読めば解るはずですよ。つまりこの話は始めから何もかも決着が付いて答えが出ている前提で進行しているんです。議論の余地などありません。
    ただこの作品の面白いところは作者が意図的に読者の凡俗心をあおってしきりと邪推させるように仕向けている点にあります。語り手の巧妙な語り口に乗せられて盲目的に大殿様を奸物に仕立て上げる。そして憎悪を向ける。こうなると見事に作者の術中にハマッてるんですね。裏を返せば実は大殿様という人物は読者自身の自己投影になっていて、“俺なら娘に手を出すだろう”というスケベ根性がそのまま彼に反映する。私などはこの作者の狙いにピンと来たので、心して読めば彼は高潔な聖人君子としか映りませんよ。つまり作者が読者を試しているんですね。邪念をもって読むと大殿様は悪逆非道の暴君となり、健全な心で読めば正義の味方となる。実に面白いですね。
    あとこの作品ではやたらとラストシーンの残虐性が取り沙汰されますが、私が思うにこれを実際に起こった出来事と考えるのはナンセンスでしょう。考えても見て下さい。幾ら何でも人間があんなエゲツナイ事できるわけないじゃないですか。つまりこれは訓話なんですよ。“芸術至上で道徳を見失うとこうなりますよ、バチが当りますよ”という極端な例え話です。実際には娘は無事なんですよ。そう独自解釈するのが読者の美学ってもんじゃないですか。以上、長文失礼致しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.