チェスタトン「マンアライヴ」二部三章第401回

「さて、人生の道徳に関する根本にすみやかに戻ることにする」マイケルは言った。「なぜ、数ある職務のなかでも、下宿屋の嘘つき老嬢と手紙のやりとりをするのだろうか?」

「それは人としての職務ではない」グールドは言った。「喜びでもない。たしかだとも。彼女は魅力のある男を連れているだけなのだから。下宿屋の嘘つき老嬢がしているのは、そういうことだ。でも訴追人の職務のひとつにあたるから仕方ない。無邪気にも飛びまわる友人スミスの経歴を追いかけなくてはいけないから。僕が名前をあげた人達全員にしても、嘘つきレディの場合と同じ理由からだよ。」

「それならば、なぜ、そうした人たちを起訴しようとしているのか?」イングルウッドは訊ねた。

“Again, to go at once to the moral roots of life,” said Michael, “why is it among the duties of man to communicate with old Lady Bullingdon who lives at Penge?”

“It ain’t one of the duties of man,” said Gould, “nor one of his pleasures, either, I can tell you. She takes the crumpet, does Lady Bullingdon at Penge. But it’s one of the duties of a prosecutor pursuin’ the innocent, blameless butterfly career of your friend Smith, and it’s the sime with all the others I mentioned.”

“But why do you bring in these people here?” asked Inglewood.

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.