チェスタトン「マンアライヴ」二部四章第413回

こうした言葉を聞いているうちに、トリップ氏や私たちが当然のことながらたどり着いた同意とは、できるだけ早く親類の監視下におかなければいけない人に対するものと同じものでした。ですが階下に案内されるときに、そのレディは自分が語り聞かせた話について、驚くほどの、むしろ苛立たしいほどの承認をうけました。オルガン弾きの男は大男でありながら頭はちいさく、狂気にとりつかれていることは明らかで、まるで大槌をふうるように手回しオルガンを事務所の扉に投げ込み、自分の婚約者とおぼしき相手を騒々しく要求したのです。私がその場に出くわしたとき、彼はゴリラのような両腕をふりうごかしながら、彼女に詩を朗読しました。でも私たちは気のふれた者たちが事務所に来て、詩を朗読することに慣れていましたが、次につづく言葉に備えていませんでした。実際にはこうした詩句を呟いたかと思います。

「ああ、生き生きとした神聖なる頭よ。

指輪をはめー」

To all these statements of course our Mr. Trip and the rest of us only paid that sort of assent that is paid to persons who must as quickly as possible be put in the charge of their relations. But on our conducting the lady downstairs, her story received the most startling and even exasperating confirmation; for the organ-grinder, an enormous man with a small head and manifestly a fellow-lunatic, had pushed his barrel organ in at the office doors like a battering-ram, and was boisterously demanding his alleged fiancee. When I myself came on the scene he was flinging his great, ape-like arms about and reciting a poem to her. But we were used to lunatics coming and reciting poems in our office, and we were not quite prepared for what followed. The actual verse he uttered began, I think,

        `O vivid, inviolate head,
         Ringed —’

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.