チェスタトン「マンアライヴ」二部四章第431回

赤い髪だけではない。もう一本別の糸があって、あちらこちらに分散した出来事につながっていく。こうした女性たちの名前には、どこか不可解な、ほのめかしている何かがある。覚えているませんか?トリップ氏が、 タイピストの名前はブレークだと思うと話していたことを。でも彼の記憶は正確さに欠けていた。言わせていただくなら、その名はブラックだったかもしれないのですよ。そうだとすれば、この件は奇妙につながっていきますね。レディ・ベリントンの村にはミス・グリーン。ヘンドンの学校にはミス・ブラウン、出版社にはミス・ブラック。色の糸はそのまま、西ハンプテッドのビーコン・ハウスに住んでいるミス・グレイで終わる。

“Besides this red hair, there is another unifying thread that runs through these scattered incidents. There is something very peculiar and suggestive about the names of these women. Mr. Trip, you will remember, said he thought the typewriter’s name was Blake, but could not remember exactly. I suggest that it might have been Black, and in that case we have a curious series: Miss Green in Lady Bullingdon’s village; Miss Brown at the Hendon School; Miss Black at the publishers. A chord of colours, as it were, which ends up with Miss Gray at Beacon House, West Hampstead.”

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.