アメリア・B・エドワーズ「あれは幻影だったのか、それとも……? ある司祭の報告」No.1

アメリア・B・エドワーズ

 これから話す出来事に遭遇したのは今から十八年ほど前のことで、当時、わたしは視学官として女王陛下に仕えていた。今でも地方の視学官はひっきりなしに移動するものだが、わたしはまだ若く、常に移動する生活を楽しんでいた。
ただ、あまり心地よくない地域も実に多く、そうした地にいると、無給の司祭は喜びとなるものを蔑むようになり、骨の折れる日々を送ろうとするのかもしれない。辺鄙な地では余所者はめずらしく、年に一度の視学官の訪問は大切な出来事である。だから長い一日の仕事を終え、田舎のパブで静かな時を過ごしたくても、たいていの場合、司祭や名士から客として迎えられる予定になっている。こうした機会を利用するかは視学官次第だ。もし心地よく感じたなら厚誼をむすび、英国の家庭生活のもっとも魅力的な面にふれることになる。そして時折、ありふれたことばかりが多い昨今でさえ、運に恵まれて意外な出来事に出会うこともある。
最初の任地は英国の西の地方で、友人や知り合いが大勢住んでいた。そのせいで後に困惑する羽目になったのだが、二年にわたる快適な勤務を終えると、政治家が「新開地」とよく言っていた北の地に赴くことになった。不運にも、わたしの新開地は草が生い茂り、住んでいる者もあまりなく、広さは千八百平方マイルに満たない土地であった。それでも前の赴任地の三倍はあり、広さに比例して御し難くなった。不毛の丘ふたつが直角にまじわり、鉄道の主要路線からもかなり遠かったので、その地方には思いつく限りの、あらゆる不便さが結集していた。村と村のあいだは離れ、しばしばムーアのせいで分断されていた。列車のあたたかなコンパートメントや点在するマナーハウスのかわりに、当時、わたしは貸し馬車や人気のないパブで時をなかばやり過ごした。

Was it an Illusion? A Parson’s Story

The facts which I am about to relate happened to myself some sixteen or eighteen years ago, at which time I served Her Majesty as an Inspector of Schools. Now, the Provincial Inspector is perpetually on the move; and I was still young enough to enjoy a life of constant travelling.

There are, indeed, many less agreeable ways in which an unbeneficed parson may contrive to scorn delights and live laborious days. In remote places where strangers are scarce, his annual visit is an important event; and though at the close of a long day’s work he would sometimes prefer the quiet of a country inn, he generally finds himself the destined guest of the rector or the squire. It rests with himself to turn these opportunities to account. If he makes himself pleasant, he forms agreeable friendships and sees English home-life under one of its most attractive aspects; and sometimes, even in these days of universal common-placeness, he may have the luck to meet with an adventure.

My first appointment was to a West of England district largely peopled with my personal friends and connections. It was, therefore, much to my annoyance that I found myself, after a couple of years of very pleasant work, transferred to what a policeman would call ‘a new beat,’ up in the North. Unfortunately for me, my new beat-a rambling, thinly populated area of something under 1,800 square miles-was three times as large as the old one, and more than pro-portionately unmanageable. Intersected at right angles by two ranges of barren hills and cut off to a large extent from the main lines of railway, itunited about every inconvenience that a district could possess. The villages lay wide apart, often separated by long tracts of moorland; and in place of the well-warmed railway compartment and the frequent manor-house, I now spent half my time in hired vehicles and lonely country inns.

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: 怪談, 英国怪談 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.