再訳 サキ『耐えがたきバシントン』№21

ランスロット・チェトロフは、長い、がらんとした廊下のはずれに立ち、気もそぞろに腕時計に目をはしらせながら、すでにはるか昔のことになりつつある痛ましい出来事を思い、自分が三十分でもいいから年上であればと強く願った。だが不幸にも、その出来事は未来につづくものであり、さらに恐ろしいことに、その未来は逼迫しつつあった。 学校に慣れていない男の子の例に違わず、彼が不健康な情熱を燃やしてきたのは、規則と要求に従うことで、この方面への熱意が身の破滅を確かなものにしてしまった。二、三の価値あることを一度にしようと急いだあまり、毎日同じとはかぎらない掲示板を見ることを忘れてしまい、そのせいで、新入生に特別に呼びかけたサッカーの練習に参加しそこねてしまった。一学期前から学校にいる年下の仲間が、彼の過ちから生じる避けがたい結果について、絵を見るようにを教えてくれた。その恐怖は未知の世界が付随するもので、迫り来る運命からは何とか消し去られていたが、そのときに大げさに心配され、思いつくままに知識を授けられたことに、彼はあまり感謝の念をいだかなかった。

 「椅子に座らされて、うしろから鞭で六回ぶたれるよ」

 「チョークで体に線を一本描かれるんだ、知っているだろうけど」

 「チョークで線を一本、どういうことなの?」

 「本当だよ。むちでぶつたびに、きっかり同じ場所をねらえるからだよ。すごく痛いんだ」

Lancelot Chetrof stood at the end of a long bare passage, restlessly consulting his watch and fervently wishing himself half an hour older with a certain painful experience already registered in the past; unfortunately it still belonged to the future, and what was still more horrible, to the immediate future.  Like many boys new to a school he had cultivated an unhealthy passion for obeying rules and requirements, and his zeal in this direction had proved his undoing. In his hurry to be doing two or three estimable things at once he had omitted to study the notice-board in more than a perfunctory fashion and had thereby missed a football practice specially ordained for newly-joined boys.  His fellow juniors of a term’s longer standing had graphically enlightened him as to the inevitable consequences of his lapse; the dread which attaches to the unknown was, at any rate, deleted from his approaching doom, though at the moment he felt scarcely grateful for the knowledge placed at his disposal with such lavish solicitude.

“You’ll get six of the very best, over the back of a chair,” said one.

“They’ll draw a chalk line across you, of course you know,” said another.

“A chalk line?”

“Rather.  So that every cut can be aimed exactly at the same spot.  It hurts much more that way.”


PDF

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: サキ, 再検討「耐えがたきバシントン」 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.