アダム・スミス 道徳感情論 1.1.13.1

Smith: The Theory of Moral Sentiments | Library of Economics and Liberty.

1.1.13.1

 私たちは死者にさえ共感をいだく。だが死者にとってほんとうに重要なこととには、目をつぶっている。それは、死者には悲惨な未来が待ち受けているということである。死者のありように心を滅入らせるが、幸せにすることはできない。悲惨だ、と私たちは思う。太陽の光を奪われ、会話をかわす生活から閉め出されるなんて。さらには冷たい墓のなかに横たえられ、腐敗して地中の虫の犠牲となることも。ついにこの世で考えてもらうこともなくなり、親しくしていた友人や身内の愛情や記憶から、みるみる消し去られていくことを悲惨だと思う。

(今まで訳したものについては、上のバーのアダム・スミス「道徳感情論」の部屋からお入りください。)

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: 道徳感情論第1部第1篇 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.