アルフレッド・マーシャル 経済学原理 1.Ⅳ.10

実際のところ、経済の自由はどのくらいの深さで、ある場所に、社会のある階層に、産業の特定の分野に浸透するのだろうか。(ある特定の時代に、なぜ浸透していたのだろうか)他には、そこではどんな影響がもっとも勢力があるのだろうか。こうした影響力はいかに結びつくのだろうか。経済の自由とは連携したり、独占したりする傾向にあるのだろうか。また連携や独占の効果とは何だろうか。長期的に見ると、社会の様々な階層の人々が行動に影響をうけるのは、どのようにしてなのだろうか。最終的な結果が機能しているのであれば、中間にある効果とは何なのだろうか。税制度のおよぶ範囲はどこまでなのだろうか。税制度はどんな重荷を共同体に課すのだろうか。どれだけ歳入があれば国家に利益がもたらされるのか。    (1.Ⅳ.10)


PDF

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: マーシャル経済学原理4章 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.