「遊女物語」 6回 大正二年 和田芳子

(その)()()()やう(また)女将(おかみ)何事

「お腕前は確かに拝見しましいたがね、(うち)(うち)()廃業ら、て、差支(さしつか)し、て、つてら、(いく)ね」

「あら、女将(おかみ)ん、廃業の、(うち)(うち)と、ないやあか。迷惑やうは、

「第一院長さんの事なんか、書いて()ないないか。(まへ)世話し、(うち)始終御厄介ないね。」

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: 日本 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.