アーサー・モリスン「ロンドン・タウンへ」3章46回

 

数週間がたち、花が咲いていたところには実がついていた。ジョニーとベッシーは、毎年恒例になっているブラックベリーの収穫にでかけた。収穫したブラックベリーは、家でプディングやジャムにするときもあったが、ブラックベリーを欲しがりそうな家の勝手口に持っていき、売ることもあった。それも十月初旬のある午後、ゼイドンのレディからの命令で、スローの実を探しに出かけるまでのことだった。

暖かい色が森に新しい調和を生み出していた。高い場所からみると、森が広がる様子は花壇のようで、緑、赤、黄色、茶色につつまれていた。スイカズラは二回目の花をつけていた。キノコは木陰で、深紅色の群をなしていた。今年、家の近くでスローの実をあまり見かけなかったので、子ども達はウェイク・ヴァリーをぬけてハニー・レーン地区へと探しにいった。そこでスローの実を見つけたが、僅かしか見つからなかった。

それは時間がかかるうえに、引っ掻き傷のできる仕事だった。ようやく作業を終えたとき、彼らは聖トーマス地区にいた。太陽は沈みかけていた。彼らはダン・カウのあたりまで一番近い道を戻り、そこで別れた。ベッシーが疲れ、空腹だったからだ。ジョニーも負けず劣らず疲れ、腹をすかせていたが、自分が摘んだスローを新鮮な状態でゼイドンまで運び、金をもらおうと心に決めていた。決心すると彼はすこし歩きはじめていた。そこでベッシーは森の家の家につづく道をあるき、ジョニーはふたたびゼイドンへと森をすすみ、ウォームリィ・ピットを右に曲がっていた。

The weeks went, and berries hung where flowers had been. Johnny and Bessy made their yearly harvest of blackberries, some for puddings and jam at home, some to sell at such kitchen doors as might receive them. Until an afternoon in early October: when, with an order from a lady at Theydon, they betook themselves in search of sloes.

Warm colours touched the woods to a new harmony, and seen from high ground, they lay like flower-beds in green and red, yellow and brown. The honeysuckle bloomed its second time, and toadstools stood in crimson companies in the shade of the trees. Sloes were rare this year near home, so the children searched their way through the Wake Valley to Honey Lane Quarters, and there they found their sloes, though few.

It was a long and scratchy task; and, when it was finished, they were well up in St. Thomas’s Quarters, and the sun was setting. They made the best of their way back as far as the road near the Dun Cow, and there parted. For Bessy was tired and hungry, and though Johnny was little better, he resolved to carry his sloes fresh to Theydon and get the money, since he was already a little on the way. So Bessy turned up the lane that led to the cottage, and Johnny took to the woods again for Theydon, by way to right of Wormleyton Pits.

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: ロンドン・タウンへ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.