アーサー・モリスン「ロンドン・タウンへ」17章164回

困難がひとつ過ぎ去ったかと思えば、またもや新しい困難にぶつかった。ナン・メイは、彼の気長な計画には気がつかず、仕事のためのロンドンに転居したのだ。だが、おそらく商売は繁盛せずに重荷となり、寝ていた方がましなくらいだろう。それにジョニーにしたところで、今は幾分稼いでいるけれど、二十一歳になれば彼の年季奉公も終わるのだ。

ボブ・スモールピースは、自分で伝えようと、ある知らせをもってきていた。その知らせとは、ようやく森の家の借り手が見つかり、一週間に3.6ペンスほどで、信頼できそうな木こりとその妻に貸すことになったというものであった。そういうわけで、首のまわりに飾り布をまきつけ、ポケットに三週間分の賃貸料をいれたボブ・スモールピースが、ハーバー・レーンに姿をあらわしたのは、春の或る朝のことであったが、皮と別珍の、呆気にとられそうなその出で立ちを見ても、ブラックウォールの主婦は埃をはらったり、床を掃いたりするのに忙しく、注意をむけることはなかった。店の上には名前がペンキで書かれているわけではなかったが、通り過ぎていく者たちは皆、立ち止まらなくても、赤、青、緑に塗られた店が目に飛びこんでくるのだった。それにもかかわらずビルは、店を探していた。ナン・メイが彼に気がつき、ドアのほうへと駆けてきた。ベッシーも、松葉杖と本を手にしたまま、奥の居間から出てきると、嬉しそうに笑い声をあげた。

 

Now that some difficulties were gone, another arose. Nan May, all unaware of his slow designs, was settled in London, with ties of business. But perhaps, after all, the business was not flourishing—might be a burden better laid down. And as to Johnny—he was earning wages of some sort now, and at most his apprenticeship would be out when he was twenty-one.

Bob Smallpiece had reserved one piece of news till he could deliver it in person. This was that at last he had let the cottage, at three-and-sixpence a week, to a decent woodman and his wife. And so, wearing a new neckcloth, and with three weeks’ rent in his pocket, Bob Smallpiece appeared in Harbour Lane one spring morning, a vast astonishment of leather and velveteen, such as had never before brought a Blackwall housewife to attention in the midst of her dusting and sweeping. No name was painted over the shop, but no stranger could pass its red and blue and green without stopping to look; least of all Bob Smallpiece, in quest of the place itself. Nan May saw him, and ran to the door; and Bessy, with her crutch and her book, met him half-way to the back-parlour, gay and laughing.

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: アーサー・モリスン, ロンドン・タウンへ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.