チェスタトン「マンアライヴ」二部二章第233回

こうして厳しく自分を見つめる体験をした結果、私は荒々しい仲間とのつながりを絶つことにしました。キリスト教社会連盟の人々がかならず強盗にちがいないと言うつもりは一切ありません。そうした告発をする権利は、私にはありません。でも、その体験は、そうした行動が行き着く先を示唆してくれました。それ以上、彼らに会うことはありませんでした。

 もうひとつ言い添えることは、イングルウッド氏が撮影されたという同封の写真は、話題にしました泥棒にちがいありません。あの夜、帰宅すると、彼の名刺を確かめました。彼はイノセント・スミスという名のもとに記されていました。

敬具 ジョン・クレメント・ホーキンス

 

 

 

“In consequence of this soul-searching experience I severed my

connection with the wild set.  I am far from saying that every

member of the Christian Social Union must necessarily be a burglar.

I have no right to bring any such charge.  But it gave me a hint

of what such courses may lead to in many cases; and I saw them no more.

 

“I have only to add that the photograph you enclose, taken by a

Mr. Inglewood, is undoubtedly that of the burglar in question.

When I got home that night I looked at his card, and he was inscribed

there under the name of Innocent Smith.–Yours faithfully,

                                     “John Clement Hawkins.”

 

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.