チェスタトン「マンアライヴ」二部三章第402回

「なぜだって! 蒸気船を沈められるくらいの証拠を手にしたからだ」モーゼスはわめいた。「書類を手にいれたからだよ。君たちの素晴らしいイノセントは口は悪いし、物を破壊するからだよ。さあ、これが彼が破壊した家庭だ。僕も自分が聖人だと言うつもりはない。でも名誉にかけて言うが、可哀想な女たちを不利な立場に追いやったりしない。女達を見捨てたり、たぶん殺すこともできるような男なのだから、小屋を壊したり、教師を銃で撃つこともできるだろう。でも、いずれにせよ他の話まで気にしたりはしない。」

「私が考えるところでは」サイラス・ピム博士は上品ぶった咳払いをした。「やや不規則なかたちで、私たちはこの問題に近づいているのです。これが訴状にある四番目の告訴です。たぶん皆さんの前に厳正な、規則正しいやり方で示したほうがいいのでしょう。

マイケルのかすかなうめき声が、暗がりにしずんでいく部屋の沈黙をやぶった。

“Why! Because we’ve got proof enough to sink a steamboat,” roared Moses; “because I’ve got the papers in my very ‘and; because your precious Innocent is a blackguard and ‘ome smasher, and these are the ‘omes he’s smashed. I don’t set up for a ‘oly man; but I wouldn’t ‘ave all those poor girls on my conscience for something. And I think a chap that’s capable of deserting and perhaps killing ‘em all is about capable of cracking a crib or shootin’ an old schoolmaster—so I don’t care much about the other yarns one way or another.”

“I think,” said Dr. Cyrus Pym with a refined cough, “that we are approaching this matter rather irregularly. This is really the fourth charge on the charge sheet, and perhaps I had better put it before you in an ordered and scientific manner.”

Nothing but a faint groan from Michael broke the silence of the darkening room.

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.