2018年」カテゴリーアーカイブ

2018.07 隙間読書 有吉佐和子「悪女について」

実業家、富小路公子の生と死をめぐって関係者27人が一人称で語る証言で構成される。 … 続きを読む

カテゴリー: 2018年 | コメントする

2018.07 隙間読書 ノヴァーリス『ザイスの学徒』山室静訳

「幻想小説神髄」(ちくま文庫)収録 ノヴァーリスは1772年に生まれ、1791年 … 続きを読む

カテゴリー: 2018年, 読書日記 | コメントする

2018.07 隙間読書 近松門左衛門『出世景清』

貞享2年、1685年、近松門左衛門が32歳のときの作品。近松と竹本義太夫が最初に … 続きを読む

カテゴリー: 2018年, 読書日記 | コメントする

2018.06 隙間読書 野尻抱影「三つ星の頃」

北宋社刊行 野尻抱影は、早大英文科時代に小泉八雲から指導をうけ、英国の怪談や幽霊 … 続きを読む

カテゴリー: 2018年, 読書日記 | コメントする

2018.06 隙間読書 ジャン.・パウル「天堂より神の不在を告げる死せるキリストの言葉」

池田信雄訳 世界幻想文学大全 幻想小説神髄収録 長編「ジーペンケース」(1796 … 続きを読む

カテゴリー: 2018年, 読書日記 | コメントする

2018.06 隙間読書 高木彬光「人形はなぜ殺される」

作品のなかで繰り返される「照る照る坊主の歌」は無邪気なようでありながら、ギロチン … 続きを読む

カテゴリー: 2018年, 読書日記 | コメントする

2018.06 隙間読書 山田風太郎・高木彬光「風さん、高木さんの痛快ヨーロッパ紀行」

平成23年7月発行 出版芸術社 ドイツオペラに高い関心を抱いていた高木彬光が雑誌 … 続きを読む

カテゴリー: 2018年, 読書日記 | コメントする

2018.06 隙間読書 島田荘司「夜は千の鈴を鳴らす」

初出:1988年11月 光文社カッパノベルズ まずタイトル「夜は千の鈴を鳴らす」 … 続きを読む

カテゴリー: 2018年, 読書日記 | コメントする

2018.06 隙間読書 東雅夫編「山怪実話大全 岳人奇談傑作選」

2017年11月刊行 山と渓谷社 タイトルからは「山怪実話大全」と何やら怖そうな … 続きを読む

カテゴリー: 2018年, 読書日記 | コメントする

2018.05 隙間読書 高木彬光「人形はなぜ殺される」

初出1955(昭和30)年 光文社文庫 高木彬光は、言葉のセンスにも、物語の雰囲 … 続きを読む

カテゴリー: 2018年, 読書日記 | コメントする